「Corosync」の主な機能として、「プロセスグループ通信」「可用性マネージャー」「メモリ内データベース」「クォーラムシステム」について紹介。

「Corosync」の主な機能

「Corosync」の主な機能として、「プロセスグループ通信」「可用性マネージャー」「メモリ内データベース」「クォーラムシステム」について紹介。

Corosyncは、以下の4つのC言語アプリケーションプログラミングインターフェース機能を提供します。

プロセスグループ通信

仮想同期を持つ閉じたプロセスグループ通信モデルは、複製された状態マシンの作成を保証します。

可用性マネージャー

可用性マネージャーは、処理が失敗した場合にアプリケーションプロセスを再起動する機能を提供します。

メモリ内データベース

メモリ内データベースは「情報の変更通知設定」「取得や受信」する機能を提供します。

クォーラムシステム

クォーラムシステムは、「クォーラム(分散システムにおいて分散トランザクションが処理を実行するために必要な最低限の定足数)」が達成または失われたときにアプリケーションに通知します。

Corosync最新TOPICS

最新情報はありません。

Corosync最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter