「Corosync」の主な機能として、「プロセスグループ通信」「可用性マネージャー」「メモリ内データベース」「クォーラムシステム」について紹介。

「Corosync」の主な機能

「Corosync」の主な機能として、「プロセスグループ通信」「可用性マネージャー」「メモリ内データベース」「クォーラムシステム」について紹介。

Corosyncは、以下の4つのC言語アプリケーションプログラミングインターフェース機能を提供します。

プロセスグループ通信

仮想同期を持つ閉じたプロセスグループ通信モデルは、複製された状態マシンの作成を保証します。

可用性マネージャー

可用性マネージャーは、処理が失敗した場合にアプリケーションプロセスを再起動する機能を提供します。

メモリ内データベース

メモリ内データベースは「情報の変更通知設定」「取得や受信」する機能を提供します。

クォーラムシステム

クォーラムシステムは、「クォーラム(分散システムにおいて分散トランザクションが処理を実行するために必要な最低限の定足数)」が達成または失われたときにアプリケーションに通知します。

Corosync最新TOPICS

最新情報はありません。

Corosync最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

OSSライセンス・コンプライアンスと脆弱性管理の課題 OSSリスクを効率的にマネジメント。OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」の使い方

ハイブリッドワークにおける電話の新しいカタチ ~セールスプロセスを最適化する次世代クラウドビジネスフォン~

店舗・会議室・イベント会場の大型マルチモニタ/デジタルサイネージを、手軽に低コスト・低遅延で運用する方法 AV over IPによる映像配信&ビデオウォール活用方法解説

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter