Stream Analyticsとは、Azureのリアルタイムストリーム処理サービスです。デバイス、センサー、アプリケーションなどのデータをリアルタイム集計するIoT対応分析ソリューションを開発できます。

Microsoft Azure/Stream Analyticsとは

Stream Analyticsとは、Azureのリアルタイムストリーム処理サービスです。デバイス、センサー、アプリケーションなどのデータをリアルタイム集計するIoT対応分析ソリューションを開発できます。

概要

Stream Analyticsとは、Azureのリアルタイムストリーム処理サービスです。デバイス、センサー、アプリケーションなどのデータをリアルタイム集計するIoT対応分析ソリューションを開発できます。

基本情報

プラットフォーム Azure
クラウドサービス名 Stream Analytics
読み方 ストリーム アナリティクス
略称 ---

基本説明

Stream Analyticsは「入力データストリームをデータ変換して出力するリアルタイム処理」を提供します。

IoTを含む各種デバイスやアプリケーションなどからのデータを処理します。

経緯

2014年10月にPublicPreview公開されました。

TOPに戻る

主な特徴

リアルタイム分析(Azure Event Hubs)

Stream Analyticsは、分散型ストリーミングプラットフォーム「Azure Event Hubs」などからリアルタイムでイベントを取り込み処理を行います。

「複数ストリーム比較」「過去データ比較」「異常検出」などのチェックを行い、リアルタイムでダッシュボードへ表示します。

1秒間に数百万イベントの処理を行える高スループットが特徴です。

スケーラブル

Stream Analyticsが自動的にスケールを行いパフォーマンスを最適化します。

ユーザーは、計算処理をクエリ定義内の複数の論理的なステップにパーティション分割することで、さらにスケーラビリティを向上できます。

最大で1GB/秒のスループット処理が可能です。

入力元データストリーム

入力データストリームとして、「Event Hubs」「Azure Blob」などの複数のデータソースを指定できます。

出力先データストア

データの出力先として次のデータストアから1つを指定できます。
・Azure Data Lake Store
・Azure SQL Database
・BLOB ストレージ
・Power BI
・Azure テーブル ストレージ
・Service Bus キュー
・Service Bus トピック
・DocumentDB など

迅速な開発

Azureポータルで「入力ストリーミングデータ」「データ変換方法」「出力先データストア」を指定して、Stream Analyticsジョブを作成できます。

SQLライク言語での開発

ストリーミング処理定義は、SQLライクなクエリ言語(Stream Analytics Query Language)で行います。

IntelliSenseオートコンプリートを使用でき、「結合」「集計」「射影」「フィルタ」「時間ベース結合」「集計関数」「時系列クエリ」などを実装できます。

「Azure Machine Learning」連携

Stream Analyticsクエリから「Azure Machine Learning」サービスの関数を呼び出して活用できます。

信頼性

Stream Analyticsは、データ損失を発生させない設計になっています。

障害発生時には、回復機能(チェックポイント機能)により迅速な復旧が行われます。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

Azure「Amazon Kinesis Streams」、Google Cloud Platform「CLOUD DATAFLOW」など

TOPに戻る

参考元サイト

・Azure →Stream Analytics
・Azure →Stream Analytics →Stream Analytics とは
・Azure →Stream Analytics →Stream Analytics の出力: ストレージのオプション、分析
・ナレコムazureレシピ →STREAM ANALYTICSを触ってみた① 基本操作編
・ナレコムazureレシピ →AZURE STREAM ANALYTICS について(基本編、特徴)
・cloud.config Tech Blog →Azureあの機能この機能:Stream Analytics

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Stream Analytics最新TOPICS

最新情報はありません。

Stream Analytics最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter