Ruby(ルビー)は、日本製オープンソースオブジェクト指向プログラミング言語です。「Enjoy Programming!」が設計思想になっていて、主にWebアプリケーション開発に使われています。「シンプル」「読みやすさ」「高機能」が人気となり世界に認められた日本製言語です。

オープンソースの言語/Rubyとは

Ruby(ルビー)は、日本製オープンソースオブジェクト指向プログラミング言語です。「Enjoy Programming!」が設計思想になっていて、主にWebアプリケーション開発に使われています。「シンプル」「読みやすさ」「高機能」が人気となり世界に認められた日本製言語です。

■関連する比較ページ

概要

Ruby(ルビー)は、日本製オープンソースオブジェクト指向プログラミング言語です。

「Enjoy Programming!」が設計思想になっていて、主にWebアプリケーション開発に使われています。

「シンプル」「読みやすさ」「高機能」が人気となり世界に認められた日本製言語です。

経緯

Rubyは、日本人の「まつもとゆきひろ(通称Matz)」さんが開発されたプログラミング言語で、1993年に生まれて、1995年に発表されました。

「Ruby」という名前は、まともとさんの同僚が7月生まれだったため、その7月の誕生石(ルビー)が由来です。ちなみに、まつもとさんは4月生まれ(ダイヤモンド)とのことです。

2011年に、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が進めるプロジェクトにおいて、Rubyの技術規格書が、「JIS X 3017」として制定されました。

そして、2012年には、ISO/IEC(国際標準化機構/国際電気標準会議)の標準規格、「ISO/IEC 30170」として承認されました。

日本発のプログラミング言語が国際規格となるのはRubyが初めての偉業となっています。

世界的シェア拡大

Rubyは、Webアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」に採用されブレイクしたこともあり、日本国内にとどまらず全世界に普及し、非常に多くの開発者に利用されています。

「fluentd」、「Redmine」、「Cloud Fundry」などもRubyで開発されています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→ruby-lang.org

■ライセンス情報

Rubyのライセンスは「Rubyライセンス」と「BSDライセンス」のデュアルライセンスです。

詳細について、こちらを参照ください。
→Ruby →license.txt

■動作環境

Rubyのプログラムは、移植性が高く、Ruby実行環境がインストールされていれば、Windows、Linux、MacOSなど、さまざまな環境で動作させることができます。

■ダウンロード

→Ruby →ダウンロード

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Perll」「PHP」「Python」など。

Ruby最新TOPICS

【講演資料を公開】3/22「スマホアプリの開発プロセスについて~実は重要なサーバーサイドの開発と、Laravel(PHP) と Rails(Ruby)~」(2018年04月27日 10:04)

2018年03月22日(木)17:00~18:30 AP品川 9階 にて「スマホアプリの開発プロセスについて~実は重要なサーバーサイドの開発と、Laravel(PHP) と Rails(Ruby)~」と題したセミナーを開催しました。 当日は、会場の様子をWebで中継し 遠隔地等ご来場出来ない方にもご参加頂きました。お陰様で、盛況のうちに終了することができました。ありがとうございました。 講...

イベント情報

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

VB6.0からVB.NETへ、90%以上を自動変換

OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~無償版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter