Azure Blob Storageとは、Azureのオブジェクトストレージサービスです。あらゆる種類の非構造化データを格納できます。

Microsoft Azure/Azure Blob Storageとは

Azure Blob Storageとは、Azureのオブジェクトストレージサービスです。あらゆる種類の非構造化データを格納できます。

「Azure Blob Storage」基本情報

概要

Azure Blob Storageとは、Azureのオブジェクトストレージサービスです。あらゆる種類の非構造化データを格納できます。

基本データ

プラットフォーム Azure
クラウドサービス名 Azure Blob Storage
読み方 アジュール ブロブ ストレージ
略称 ---

基本説明

「BLOB(Binary Large Objects)」ストレージとは、オブジェクトストレージで構成された、単一障害点の無い、スケーラブルなストレージです。

Azure Blob Storageは、大量の非構造化オブジェクトデータを格納するためのサービスです。エクサバイトレベルまで対応できる極めて高いスケーラビリティを備えており、数十億個のオブジェクトを保管できます。

「画像ファイル」「音声ファイル」「動画ファイル」「ドキュメントファイル」「Officeファイル」「HTMLファイル」「アプリケーションインストーラー」「仮想ハードディスク(VHD)データ」「ログファイル」「データベースバックアップファイル」など、あらゆる種類の非構造化データを保存できます。

TOPに戻る

主な特徴

スケールアップ/スケールダウン

Blob Storage では、ニーズの変化に応じて、自由にスケールアップ/スケールダウンが可能です。

ファイルアクセス機能

Blob Storageでは、平均で1秒あたり数百万件の要求に対応できます。

データ公開設定として「一般公開」もしくは「非公開」が可能です。

格納されたデータに対しては、「URL指定アクセス」「RESTインターフェイス」「Azure SDKストレージクライアントライブラリ」などでアクセスできます。

「Azure SDKストレージクライアントライブラリ」では、「Node.js」「Java」「PHP」「Ruby」「Python」「.NET言語」などさまざまな言語を利用できます。

アクセス頻度別の「ストレージレベル」

データへのアクセス頻度に応じて、「ホット」「クール」「アーカイブ」のストレージレベルを選択できます。

ほとんどアクセスしないデータは「クール」もしくは「アーカイブ」に格納し、頻繁にアクセスするデータは「ホット」のストレージレベルに格納して利用します。

データ整合性

格納オブジェクトの変更時には、すべての箇所で検証が行われ、データ整合性が確保されます。

インプレース編集機能

データが格納された状態での「インプレース編集」が可能です。

ローカルにダウンロードして編集を行う必要がないため、アプリケーションのパフォーマンスを向上させながら、帯域幅消費を抑えられます。

主なユースケース
  • 画像/ドキュメントの直接配信
  • 分散アクセス用ファイル格納
  • ビデオファイルのストリーミング配信
  • ディザスタリカバリ対策(バックアップファイルの格納)
  • ビッグデータ解析用大容量データの保管 など

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」、Google Cloud Platform「Google Cloud Storage」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→Azure →Blob Storage

料金情報
→Azure →Azure Storage 料金

TOPに戻る

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Azure Blob Storage最新TOPICS

最新情報はありません。

Azure Blob Storage最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter