Apache Ant(アパッチ アント)。ビルドツールです。複雑なコンパイル作業を自動化します。「XML記述」「Javaベースであるためプラットフォームに依存しない」などの特徴があります。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Apache Antとは

Apache Ant(アパッチ アント)。ビルドツールです。複雑なコンパイル作業を自動化します。「XML記述」「Javaベースであるためプラットフォームに依存しない」などの特徴があります。

基本情報

概要

Apache Ant(アパッチ アント)とは、ビルドツールです。複雑なコンパイル作業を自動化します。「XML記述」「Javaベースであるためプラットフォームに依存しない」などの特徴があります。

基本説明

Java実装Webアプリケーションを実行するために必要な「コンパイル→パッケージング→ デプロイ」の一連の作業を記述しておき、Javaの機能を用いて、コマンド一発で実行するためのツールです。

Ant自体はJavaで実装されていて、Java版「GNU make」といえるものです。OSなど特定の環境に依存しにくい特徴があります。

経緯

「Ant」は「Another Neat Tool」の略とされています。

もともと「Apache Tomcat」ビルド用に開発されました。

TOPに戻る

主な特徴

複雑なコンパイルプロセスを簡略化

ビルド手順(コンパイル/jarファイル作成など)を形式化できるため、複雑なビルド手順を自動化できます。

簡単なビルドコマンドでコンパイルできる場合(ソースファイルが1つしかなく、javacコマンドを1回実行するだけでコンパイル可能な場合など)は、逆に作業負荷が増えます。ビルドプロセスが複雑な場面において効果を発揮します。

処理プロセスのグループ化

ターゲットとして処理をまとめることができます。例えば「javacタスク」と「native2asciiタスク」をまとめてコンパイルターゲットにできます。ターゲットごとに必要とされる処理のみを選択して実行可能です。

また、ディレクトリ内の全ファイルを処理対象にできます。

依存関係解決

「jarファイル作成の前に、ソースがコンパイルされている必要がある」などの依存関係を自動解決できます。このような依存関係について意識する必要がなくなります。

インクリメンタルビルド

ビルド処理を行うタスクは、タイムスタンプを調べて処理が必要なファイルのみ処理します。

タスクをXMLで記述

複雑なタスク(ビルドルール)をXMLで分かりやすく記述できます。

用意されているAntプラグインを利用して、パラメータ指定のみでパッケージング/デプロイなどの処理を実現します。

Antが提供しているAPIを使用して、Javaでタスクの独自開発も行えます。

XMLでビルド内容が記述されているため、同一のビルドファイルでマルチプラットフォーム対応できます。

豊富なJava開発ツールに対応

各種Java開発ツール(javac/ja/rmic/war/native2asciiなど)に対応しています。また、JavaBeansからEJBを生成するxdoclet/vdocletなどからもタスクが提供されています。

IDE連携

統合開発環境「Eclipse」は、Antプラグインを標準搭載しています。

.NET Frameworkサポート

「IKVM.NETプロジェクト」および「Monoプロジェクト」により、「Ant task for IKVMC」として.NET Frameworkでの利用も促進されています。

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Bazel」「Maven」「Gradle」など。

TOPに戻る

ライセンス情報

Apache Antのライセンスは「Apacheライセンス」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Apache Ant最新TOPICS

最新情報はありません。

Apache Ant最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter