Julius(ジュリアス)とは、オープンソースの大語彙連続音声認識エンジンです。「高性能」「小フットプリント」のデコーダソフトウェアとして、「ワードN-gram」と「コンテキスト依存HMM」に基づいてリアルタイムデコードを実行できます。ディープニューラルネットワークもサポートしています。

オープンソースのJuliusとは

Julius(ジュリアス)とは、オープンソースの大語彙連続音声認識エンジンです。「高性能」「小フットプリント」のデコーダソフトウェアとして、「ワードN-gram」と「コンテキスト依存HMM」に基づいてリアルタイムデコードを実行できます。ディープニューラルネットワークもサポートしています。

概要

Julius(ジュリアス)とは、オープンソースの大語彙連続音声認識エンジンです。「高性能」「小フットプリント」のデコーダソフトウェアとして、「ワードN-gram」と「コンテキスト依存HMM」に基づいてリアルタイムデコードを実行できます。ディープニューラルネットワークもサポートしています。

経緯

Juliusは、1997年から日本のLVCSRの研究ソフトウェアとして開発され、性能向上および機能強化が続けられています。

オフィシャルサイト情報

■GitHub

→github.com →julius-speech/julius

■主要開発元

Juliusは、名古屋工業大学李研究室Juliusプロジェクトチームなどが中心となり開発が進められています。

→slp.nitech.ac.jp

■ライセンス情報

Juliusのライセンスは「BSD 3-Clause "New" or "Revised" License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →julius-speech/julius →LICENSE

■動作環境

「Linux」「Windows」「Mac」「Android」などで動作します。

■インストール

→github.com →julius-speech/julius →INSTALL.txt

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「wav2letter@anywhere」など。

Julius最新TOPICS

最新情報はありません。

Julius最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AIは何ができるのか?どのように自社のビジネスに活用できるのか? ~高度なデータ活用から始めるAI / 機械学習システム構築の「7つのプロセス」、「3業界での事例」~

マイクロソフトが「HoloLens」で目指す未来と、現在 【IT最新動向ぶっちゃけトーク】ホロラボCEO 中村薫 氏×マジセミCEO 寺田雄一

中堅中小企業のための「はじめてのAI活用」 ~AIの基礎、ユースケースと、AWSベースの「クラウドAI」の活用~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter