OpenXavaとは、オープンソースのローコードプラットフォームであり、Javaドメイン駆動型Webフレームワークです。プレーンJavaでドメインクラスのみを記述することで、効率的かつ迅速にエンタープライズWebアプリケーションを開発できます。

オープンソースのフレームワーク/OpenXavaとは

OpenXavaとは、オープンソースのローコードプラットフォームであり、Javaドメイン駆動型Webフレームワークです。プレーンJavaでドメインクラスのみを記述することで、効率的かつ迅速にエンタープライズWebアプリケーションを開発できます。

概要

OpenXavaとは、オープンソースのローコードプラットフォームであり、Javaドメイン駆動型Webフレームワークです。プレーンJavaでドメインクラスのみを記述することで、効率的かつ迅速にエンタープライズWebアプリケーションを開発できます。

基本説明

OpenXavaは、Javaを使用してビジネスアプリケーションを迅速に開発するためのフレームワークです。

簡単に習得でき、「CRUDモジュール」「レポート生成」「会計パッケージ」「顧客関係管理」「請求書発行」「倉庫管理」などのビジネスアプリケーションを開発できます。

また、OpenXavaは拡張可能でカスタマイズ可能であり、アプリケーションコードは非常に純粋なオブジェクト指向の方法で構成されているため、任意の複雑なアプリケーション開発にも対応できます。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→openxava.org

■主要開発元

OpenXavaは、openxava.orgが中心となり開発が進められています。

→openxava.org →support

■ライセンス情報

OpenXavaのライセンスは「LGPL license」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→openxava.org [→Open source]

■ダウンロード

→sourceforge.net →projects →openxava →files

■導入事例

→openxava.org →stories

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Joget Workflow」「Convertigo」「VisionX」など。

OpenXava最新TOPICS

最新情報はありません。

OpenXava最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料公開中

出入口を通るだけで自動的に打刻できる、「顔パス打刻」のご紹介(パートナーも募集) ~不正打刻、隠れ残業を防止、働き方改革関連法案に対応~

【Webセミナーに変更】日本人が知らない、欧米企業のIT体制と、日本との格差~2025年の崖を乗り越えるために~ 「ラボ型開発」、「日本での社員雇用」、「現地開発子会社設立」について解説

大手通信会社や新電力会の基幹システムやDXシステムを、要件定義から担当し成功させたチームを徹底解説 「ベトナムでここまでできるの?」大手企業もみんな使っている日本語が超得意なエンジニア集団「NAL」

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter