Convertigo(コンバーティゴ)とは、オープンソースのローコードアプリケーション開発プラットフォーム(LCAP)です。「モバイルアプリ」「Webアプリ」「バックエンドサービス」開発向けのフルスタックMXDP(Multi eXperience Development Platform)機能を備えています。

オープンソースのフレームワーク/Convertigoとは

Convertigo(コンバーティゴ)とは、オープンソースのローコードアプリケーション開発プラットフォーム(LCAP)です。「モバイルアプリ」「Webアプリ」「バックエンドサービス」開発向けのフルスタックMXDP(Multi eXperience Development Platform)機能を備えています。

概要

Convertigo(コンバーティゴ)とは、オープンソースのローコードアプリケーション開発プラットフォーム(LCAP)です。「モバイルアプリ」「Webアプリ」「バックエンドサービス」開発向けのフルスタックMXDP(Multi eXperience Development Platform)機能を備えています。

基本説明

Convertigoは、企業システムまたはクラウドソースからのビジネスロジックとデータを統合し、それらをモバイルデバイスまたはポータルに公開するための効率的なソフトウェア開発環境を提供します。

「モバイルアプリケーション開発」および「バックエンドサービス開発」向けのオープンソース開発プラットフォームとして、「MADP(Mobile Application Development Platform)」および「MBaaS(Mobile Backend as a Service)」の各種機能を利用できます。

クロスプラットフォームエンタープライズモバイルアプリケーションを数日で開発できる高度な開発生産性を特徴としています。

このプラットフォームは、世界中で10万人以上の開発者に利用されています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→GitHub →Convertigo / Convertigo

→Convertigo(convertigo.com)

■ライセンス情報

Convertigo(Communityエディション)のライセンスは「Affero GPL V3 License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →Convertigo / Convertigo →license.txt

■ダウンロード

→GitHub →Convertigo / Convertigo

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「iPLAss」​「Skyve」「VisionX」など。

Convertigo最新TOPICS

最新情報はありません。

Convertigo最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料公開中

Webセミナー/今IT投資するために、既存システムの維持管理や夜間休日サポートをベトナムに移管する方法

Webセミナー 日本人が知らない、欧米企業のIT体制と、日本との格差 ~2025年の崖を乗り越えるために ~「ラボ型開発」、「日本での社員雇用」、「現地開発子会社設立」について解説~

テスト自動化とモニタリングによるサービス安定提供の秘訣 〜テスト自動化をもっと手軽に!米国発・業界注目ツールHeadSpin活用事例〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter