Convertigo(コンバーティゴ)とは、オープンソースのローコードアプリケーション開発プラットフォーム(LCAP)です。「モバイルアプリ」「Webアプリ」「バックエンドサービス」開発向けのフルスタックMXDP(Multi eXperience Development Platform)機能を備えています。

オープンソースのフレームワーク/Convertigoとは

Convertigo(コンバーティゴ)とは、オープンソースのローコードアプリケーション開発プラットフォーム(LCAP)です。「モバイルアプリ」「Webアプリ」「バックエンドサービス」開発向けのフルスタックMXDP(Multi eXperience Development Platform)機能を備えています。

概要

Convertigo(コンバーティゴ)とは、オープンソースのローコードアプリケーション開発プラットフォーム(LCAP)です。「モバイルアプリ」「Webアプリ」「バックエンドサービス」開発向けのフルスタックMXDP(Multi eXperience Development Platform)機能を備えています。

基本説明

Convertigoは、企業システムまたはクラウドソースからのビジネスロジックとデータを統合し、それらをモバイルデバイスまたはポータルに公開するための効率的なソフトウェア開発環境を提供します。

「モバイルアプリケーション開発」および「バックエンドサービス開発」向けのオープンソース開発プラットフォームとして、「MADP(Mobile Application Development Platform)」および「MBaaS(Mobile Backend as a Service)」の各種機能を利用できます。

クロスプラットフォームエンタープライズモバイルアプリケーションを数日で開発できる高度な開発生産性を特徴としています。

このプラットフォームは、世界中で10万人以上の開発者に利用されています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→GitHub →Convertigo / Convertigo

→Convertigo(convertigo.com)

■ライセンス情報

Convertigo(Communityエディション)のライセンスは「Affero GPL V3 License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →Convertigo / Convertigo →license.txt

■ダウンロード

→GitHub →Convertigo / Convertigo

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「iPLAss」​「Skyve」「VisionX」など。

Convertigo最新TOPICS

最新情報はありません。

Convertigo最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter