VisionX(ビジョンエックス)とは、アプリケーション全体を視覚的に開発できるローコード開発プラットフォームです。Javaオープンソーススタック上に「Webアプリケーション」「デスクトップアプリケーション」「モバイルアプリケーション」を構築できます。

オープンソースのフレームワーク/VisionXとは

VisionX(ビジョンエックス)とは、アプリケーション全体を視覚的に開発できるローコード開発プラットフォームです。Javaオープンソーススタック上に「Webアプリケーション」「デスクトップアプリケーション」「モバイルアプリケーション」を構築できます。

概要

VisionX(ビジョンエックス)とは、アプリケーション全体を視覚的に開発できるローコード開発プラットフォームです。Javaオープンソーススタック上に「Webアプリケーション」「デスクトップアプリケーション」「モバイルアプリケーション」を構築できます。

基本説明

VisionXは、「Webアプリケーション」「デスクトップアプリケーション」「モバイルアプリケーション」を可能な限り迅速かつ効率的に作成するように構築されています。

「10画面の問題追跡システム」「500画面のバックオフィスシステム」「モバイル注文アプリ」などについて、従来の開発手法の2~5倍の開発効率でアプリケーションを実装できます。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→visionx.sibvisions.com

■主要開発元

VisionXは、SIB Visions GmbHが提供しています。

→VisionX →about us

■ライセンス情報

VisionXのライセンスは「Apache 2.0 license」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→VisionX →Features [→100% Java Open Source]

■動作環境

VisionXは「Windows」「macOS」「各種Linuxディストリビューション」向けに提供されています。

→doc.sibvisions.com →visionx →installation

■ダウンロード

→GitHub →SIB Visions GmbH

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「​iPLAss」「​Skyve」など。

VisionX最新TOPICS

最新情報はありません。

VisionX最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter