Kotlin(コトリン)とは、マルチプラットフォームアプリケーション用のJVMプログラミング言語で、Androidの正式な開発言語に採用されています。「Java/Androidと100%相互運用可能」「従来のJavaよりシンプルに記述できる」「安全性が高い」などの特徴があります。

オープンソースの言語/Kotlinとは

Kotlin(コトリン)とは、マルチプラットフォームアプリケーション用のJVMプログラミング言語で、Androidの正式な開発言語に採用されています。「Java/Androidと100%相互運用可能」「従来のJavaよりシンプルに記述できる」「安全性が高い」などの特徴があります。

■関連する比較ページ

「Kotlin」基本情報

■概要

Kotlin(コトリン)とは、マルチプラットフォームアプリケーション用のJVMプログラミング言語です。Androidの正式な開発言語に採用されています。

■基本説明

Kotlinは、マルチプラットフォームアプリケーション用静的型付きプログラミング言語です。「JVM」「Android」「JavaScript」「ネイティブ」をターゲットとして、「Java実装Webアプリケーション」「Android用スマートフォンアプリ」「Android用ソーシャルゲームアプリ」などの開発を行えます。

「Java/Androidと100%相互運用可能」「従来のJavaよりシンプルに記述できる」「安全性が高い」などの特徴により、Androidの正式な開発言語に採用され、大きな注目を集めています。

■主要開発元

Kotlinは、JetBrains社が中心となって開発が進められています。

■経緯

Kotlinは、バルト海にある島「コトリン」が名称の由来です。

・2012年 オープンソース化
・2016年 Ver1.0リリース
・2017年 GoogleはKotlinをAndroidの正式な開発言語に採用

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Kotlin(Kotlin Programming Language)

ライセンス情報

Kotlinのライセンスは「The Apache 2 license」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →JetBrains/kotlin →license

ダウンロード

→GitHub →JetBrains / kotlin

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「C#」「Scala」「Groovy」など。

Kotlin最新TOPICS

最新情報はありません。

Kotlin最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter