oVirt(オーバート)とは、エンタープライズ向けのオープンソース分散仮想化ソリューションです。「CentOS」や「Red Hat Enterprise Linux」などのOS上に仮想化基盤を構築し、エンタープライズインフラストラクチャ全体を管理できます。デスクトップ仮想化プラットフォームとしても活用できます。

オープンソースの仮想化ソフト/oVirtとは

oVirt(オーバート)とは、エンタープライズ向けのオープンソース分散仮想化ソリューションです。「CentOS」や「Red Hat Enterprise Linux」などのOS上に仮想化基盤を構築し、エンタープライズインフラストラクチャ全体を管理できます。デスクトップ仮想化プラットフォームとしても活用できます。

概要

oVirt(オーバート)とは、エンタープライズ向けのオープンソース分散仮想化ソリューションです。

「CentOS」や「Red Hat Enterprise Linux」などのOS上に仮想化基盤を構築し、エンタープライズインフラストラクチャ全体を管理できます。

デスクトップ仮想化プラットフォームとしても活用できます。

基本説明

■オープンソース技術

oVirtは、信頼できるKVMハイパーバイザを使用し、「libvirt」「Gluster」「PatternFly」「Ansible」などのオープンソースコミュニティプロジェクトに基づいて構築されています。

■主な機能

・リッチWebベースユーザーインターフェース---管理者およびユーザー向け
・統合管理機能---ホスト、ストレージ、ネットワーク構成
・ライブ移行機能---ホストとストレージ間の「仮想マシン」および「ディスク」
・高可用化機能---ホストに障害が発生した場合の仮想マシンの高可用化 など

経緯

oVirtは「Red Hat Enterprise Virtualization」のベースとなるコミュニティプロジェクトとしてRed Hatによって設立されました。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→oVirt(ovirt.org)

■主要開発元

oVirtは、oVirtコミュニティが中心となり開発が進められています。

→oVirt →Community

■ライセンス情報

oVirtのライセンスは「Apache License Version 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→oVirt →Community →About →Licensing

■動作環境

→oVirt →Documentation →oVirt Installation Guide →Chapter 2: System Requirements

■ダウンロード

→oVirt →Download oVirt

■導入事例

→oVirt →Community →User Stories

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Xen」「KVM」「Proxmox VE」など。

oVirt最新TOPICS

最新情報はありません。

oVirt最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

いますぐできるAWSを使ったテレワーク環境の構築と、オンプレ業務システムのクラウド移行 ~AWS Client VPN、Amazon Workspaces、Amazon AppStreamをライブデモで紹介~

ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?

テレワークでの、主要ツールの選択 (ビジネスチャットとオンラインストレージ)

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter