NSD(Name Server Daemon)とは、信頼できるDNS(Domain Name System)サーバです。「速度」「信頼性」「安定性」「セキュリティ」を重視して開発されており、「複数のDNSルートサーバ」や「多くのトップレベルドメインレジストリ」で利用されています。

オープンソースのDNS/NSDとは

NSD(Name Server Daemon)とは、信頼できるDNS(Domain Name System)サーバです。「速度」「信頼性」「安定性」「セキュリティ」を重視して開発されており、「複数のDNSルートサーバ」や「多くのトップレベルドメインレジストリ」で利用されています。

概要

NSD(Name Server Daemon)とは、信頼できるDNS(Domain Name System)サーバです。「速度」「信頼性」「安定性」「セキュリティ」を重視して開発されており、「複数のDNSルートサーバ」や「多くのトップレベルドメインレジストリ」で利用されています。

ユースケース

NSDは、次の用途で活用できます。

・トップレベルドメインの実装
・DNSルートサーバ
・高速で最適化された信頼できるネームサーバ など

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→nlnetlabs.nl →projects →nsd

■GitHub

→github.com →NLnetLabs/nsd

■主要開発元

NSDは、NLnet Labsが中心となり開発が進められています。

→nlnetlabs.nl →organisation

■ライセンス情報

NSDのライセンスは「BSD 3-Clause "New" or "Revised" License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →NLnetLabs/nsd →LICENSE

■ダウンロード

→nlnetlabs.nl →projects →nsd →download

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Technitium DNS Server」「VinylDNS」など。

NSD最新TOPICS

最新情報はありません。

NSD最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

今改めて考える、社内ネットワークからAWSへの接続方法 ~閉域接続サービスはどう選ぶべきか、AzureやOracleなどマルチクラウドの接続は?~

加速するOracle Cloudの可能性 ~専用線接続によるセキュリティ、ネットワーク障害、遅延リスク障害、遅延リスクの解決法~

テレワーク環境における、クラウドID管理とネットワークセキュリティを改めて考える ~ニューノーマルで加速するDX推進、働き方改革について~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter