WordPress(ワードプレス)。オープンソースCMS(Contents Management System、コンテンツ管理システム)です。シンプルで直感的な操作性、ユーザビリティの良さ、Web標準設計準拠構造、自由度/拡張性の高さなどを評価され、全世界で多くの人々に利用されている人気のCMSです。

WordPressとは

WordPress(ワードプレス)。オープンソースCMS(Contents Management System、コンテンツ管理システム)です。シンプルで直感的な操作性、ユーザビリティの良さ、Web標準設計準拠構造、自由度/拡張性の高さなどを評価され、全世界で多くの人々に利用されている人気のCMSです。

基本情報

概要

WordPress(ワードプレス)とは、オープンソースCMS(Contents Management System、コンテンツ管理システム)です。シンプルで直感的な操作性、ユーザビリティの良さ、Web標準設計準拠構造、自由度/拡張性の高さなどを評価され、全世界で多くの人々に利用されている人気のCMSです。

基本説明

WordPressは、「PHP」と「MySQL」で動作します。
Webの専門知識がない人でもブログサイトを作成できるため、個人用日記ブログから企業サイトに至るまで、幅広く活用されています。
CMSを使っているサイトの中で、WordPressのシェア率は60%というデータもあるほど、圧倒的な人気を博しています。

TOPに戻る

主な機能

PHPによる動的ページ生成機能
Web標準準拠(標準添付テンプレートなど)
記事に対する複数カテゴリ設定機能
カスタマイズ可能な検索エンジンフレンドリーなURL機能
テーマによるデザイン切り替え機能
プラグインによる拡張機能
WYSIWYGによるエントリ編集機能
投稿スラッグによるパーマリンクURL作成機能

TOPに戻る

主な特徴

無料で使える

WordPressはオープンソースであるため、商用ブログであっても、ソフトそのものを使うための費用は一切かかりません。ただし、サーバのレンタル/独自ドメイン取得などに費用がかかることがあります。

簡単に使える

WordPressは、ブログのような感覚で、「文字の入力」と「画像の貼り付け」だけで、簡単にページの作成/更新を行うことができます。

SEO対策

「SEO」とは、検索エンジン最適化のことで、検索エンジン上で、自分のサイトを上位に表示させる技術(手法)のことです。「SEO対策」とは、自分のサイトが上位に表示されることで、検索エンジンから多数のアクセスを集めることが目的となります。
「WordPressを使っていれば、それだけでSEO対策ができる」ということではありません。SEO対策用プラグイン(「All In One SEO Pack」や「Google XML sitemaps」など)を使用したり、サイト訪問者がサイト内を巡回しやすいようにプラグインを設定することなどによるSEO対策がやりやすいという面があります。

独自ドメインが使える

通常、無料ブログサービスでは、独自ドメインは使用できません。
しかし、WordPressの場合は、独自ドメインを取得することで、完全にオリジナルURLで運営することができます。この点は、SEO対策でも有利といわれています。

テーマテンプレート

テーマテンプレートとは、WordPressで作成したブログのデザインを決める「ひな形」です。記事/画像/カテゴリ/タグなどの情報はそのままで、サイトの見た目部分を変更できます。
WordPressのテンプレートは、世界中のデザイナー/デベロッパーが作成した様々なテーマが無料で公開されています。無料で利用できるものだけでも、膨大な数になります。
WordPressのテンプレートは、すべてPHPであるため、PHPとHTMLを知っていれば、テンプレートをカスタマイズできます。
レスポンシブレイアウト(各端末最適表示)に対応しているテンプレートも多くあり、PC/タブレット/スマートフォンに、Webサイトを最適化させることができます。

プラグイン

プラグインとは、WordPressの機能を追加/拡張するためのモジュールです。多種多様なプラグインを使って、自分の思い通りのサイトを作っていけます。
人気記事表示、関連記事一覧表示、コンタクトフォーム、スパムコメント自動排除、サイト表示高速化、サイトバックアップなど、さまざまプラグインが用意されています。
プラグインは、PHPで開発することもできます。
ただし、プラグインの中には、悪意のあるウイルスプラグインなどもあるため、導入の際には注意が必要です。

ノウハウが豊富

Wordpressは、CMSの中で最もシェアが多いため、参考にできる情報も多く存在しています。各プラグイン/テーマテンプレートの設定手順/使い方などについて、大量のノウハウが日本語で蓄積されています。

バージョンアップ

WordPressは、2003年5月に初めて公開されて以来、定期的にバージョンアップが続けられています。
機能面向上だけでなく、セキュリティ対策強化についても、対応されています。
新しいバージョンがリリースされると管理画面で通知してくれます。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

商用製品:「cmsbeing」「WEB SPIRAL」「SITEMANAGE」など。

オープンソース製品:「Movable Type Open Source」「Joomla!」「concrete5」など。

TOPに戻る

導入事例

圧倒的なシェアを誇り、中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな領域で幅広く利用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

WordPressのライセンスは、「GNU General Public License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

WordPress最新TOPICS

【OSS】WordPressにREST API脆弱性---認証なしで改竄が可能に、すでに複数の被害が発生、更新を呼びかけ(2017年02月08日 11:03)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターと、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、2月6日、 「WordPressのREST APIにおける認証回避の脆弱性」について注意を喚起した。 【WordPressとは】 オープンソースCMS https://www.ossnews.jp/oss_info/WordPress 【脆弱性...

WordPress最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter