Drupal(ドルーパル)とは、堅牢なアーキテクチャを誇るオープンソースCMS(Content Management System)です。

オープンソースのポータル/CMS/Drupalとは

Drupal(ドルーパル)とは、堅牢なアーキテクチャを誇るオープンソースCMS(Content Management System)です。

■関連する比較ページ

「Drupal」基本情報

■概要

Drupal(ドルーパル)とは、堅牢なアーキテクチャを誇るオープンソースCMS(Content Management System)です。

■CMSとは

CMS(Content Management System)とは、HTMLやPHPなどのWebプログラミングの知識や技術がなくても、Webサイトのコンテンツ作成や管理、デザインのカスタマイズなどができる仕組みです。

■基本説明

Drupalは「Webサイト構築」や「API駆動型Webアプリケーション開発」などに対応できるオープンソースのコンテンツ管理フレームワーク です。

「充実した管理機能」「軽量でシンプルな構造」「ハイパフォーマンス」「堅牢なアーキテクチャ」「セキュリティ」「モジュールによる機能追加」などの特徴によって支持を得ています。

「政府機関サイト」「企業サイト」「個人ブログ」まで、多種多様なWebサイト構築に対応できる高いカスタマイズ性を持ちます。

また、モジュラー式フレームワーク機能も提供し、動的なWebエクスペリエンスに必要な用途の広い構造化されたコンテンツを構築できます。

■経緯

・2000年 初版リリース

Drupalは「Packt Open Source CMS Awards」や「ベストオープンソースCMS賞」などの表彰を数多く獲得し高い評価を得ています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Drupal(Drupal - Open Source CMS | Drupal.org)

ライセンス情報

Drupalのライセンスは「GNU General Public License, version 2 or later」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Drupal →Licensing

ダウンロード

Drupalは「Windows」「macOS」「Linux」「FreeBSD」「OpenBSD」など、「PHPを実行できるWebサーバ」と「コンテンツや設定情報を保存するためのデータベース」の両方をサポートするあらゆるコンピューティングプラットフォーム上で動作します。

→Drupal →Download Drupal

導入事例

Drupalは、「企業」「メディア」「出版社」「政府期間」「非営利団体」「学校」「個人」など、中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな領域で幅広く利用されています。日本国内でも導入実績は増え続けています。

→Drupal →Drupal Case Studies

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「WordPress」「baserCMS」「Joomla!」など。

Drupal最新TOPICS

【講演資料を公開】9/26「OSSを活用し、Webからの商談獲得を強化する方法 ~中堅中小企業のためのOSSを活用した簡単デジタルマーケティング入門~」(2017年10月26日 09:15)

2017年09月26日(火)15:30~17:00 関東ITソフトウェア健保会館 1階C室 にて「OSSを活用し、Webからの商談獲得を強化する方法 ~中堅中小企業のためのOSSを活用した簡単デジタルマーケティング入門~」と題したセミナーを開催しました。 当日は、秋晴れの気持ち良いお天気にも恵まれ、多くの方にご来場頂くことができました。ありがとうございました。 セミナーでは、まずはWebサ...

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter