Google Cloud Virtual Networkとは、仮想ネットワークを構築できるサービスです。Google Cloud Platformのリソースをプロビジョニングして、「リソース間接続」や「Virtual Private Cloud(VPC)内での相互接続/分離」などを行えます。

Google Cloud Platform/Google Cloud Virtual Networkとは

Google Cloud Virtual Networkとは、仮想ネットワークを構築できるサービスです。Google Cloud Platformのリソースをプロビジョニングして、「リソース間接続」や「Virtual Private Cloud(VPC)内での相互接続/分離」などを行えます。

概要

Google Cloud Virtual Networkとは、仮想ネットワークを構築できるサービスです。Google Cloud Platformのリソースをプロビジョニングして、「リソース間接続」や「Virtual Private Cloud(VPC)内での相互接続/分離」などを行えます。

基本情報

プラットフォーム Google Cloud Platform
クラウドサービス名 Google Cloud Virtual Network
読み方 グーグル クラウドバーチャルネットワーク
略称 ---

基本説明

Google Cloud Virtual Networkは、マネージドネットワーク機能を提供します。
・詳細なIPアドレス範囲選択
・経路設定
・ファイアウォール機能
・仮想プライベート ネットワーク(VPN)
・クラウドルータ機能
・リージョン間/リージョン内でのサブネット作成/拡張
・ネットワークポリシー設定
・ネットワーク暗号化 など

TOPに戻る

主な特徴

迅速にサービス開始

Google Cloud Virtual Networkでは、推奨の「プレフィックス範囲」と「ネットワークポリシー」で仮想トポロジーを自動的にセットアップできるため、迅速に仮想ネットワークを構築できます。

カスタムモードでの詳細な設定も可能です。

グローバルなネットワークインフラ

Google Cloud Virtual Networkでは、Googleが提供する高性能な専用グローバルネットワークを利用できます。
・高速で安定したパフォーマンスとスケール
・先進的なソフトウェア定義ネットワーキング
・世界70か所以上のネットワークポイント
・複数の地域にまたがる仮想ネットワークドメインを構築可能

セキュリティ

セキュリティを重視した設計になっています。
・ステートフルファイアウォール
・VPN(安全なプライベートハイブリッドクラウド)
・IAMポリシー(接続ルール/セキュリティルール)
・Googleデータセンターセキュリティ機能の使用 など

スケーラビリティ

分散型ソフトウェアアーキテクチャにより、高いスケーラビリティが実現されます。

共有VPC「クロスプロジェクトネットワーク」

「クロスプロジェクトネットワーク」機能により、複数のGoogle Cloud Platformプロジェクトで、共通のプライベートネットワークを共有できます。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「Amazon Virtual Private Cloud」、Azure「Azure Virtual Network」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→Google Cloud Platform →CLOUD VIRTUAL NETWORK

料金情報
→Google Cloud Platform →Compute Engine →Google Compute Engine の料金 →ネットワークの料金

TOPに戻る

参考元サイト

・Google Cloud Platform →CLOUD VIRTUAL NETWORK
・Google Cloud Platform →Compute Engine →VPN →概要
・Google Cloud Platform →CLOUD NETWORKING サービス
・ Google Cloud Platform Japan Blog →GCP プライベート ネットワークの柔軟性を高める拡張可能なサブネットワーク

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Google Cloud Virtual Network最新TOPICS

最新情報はありません。

Google Cloud Virtual Network最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter