Grails(グレイルズ)とは、Java系言語「Apache Groovy」ベースのWebアプリケーションフレームワークです。Javaアプリケーション構築ツール「Spring Boot」上に構築されており、高い開発生産性が特徴です。

オープンソースのフレームワーク/Grailsとは

Grails(グレイルズ)とは、Java系言語「Apache Groovy」ベースのWebアプリケーションフレームワークです。Javaアプリケーション構築ツール「Spring Boot」上に構築されており、高い開発生産性が特徴です。

「Grails」基本情報

■概要

Grails(グレイルズ)とは、Java系言語「Apache Groovy」ベースのWebアプリケーションフレームワークです。Javaアプリケーション構築ツール「Spring Boot」上に構築されており、高い開発生産性が特徴です。

■基本説明

Grailsは単一インターフェースで、オブジェクト関係マッピングライブラリ「Hibernate」や「Springフレームワーク」などの既存のJavaテクノロジを活用できる高生産性フレームワークです。

■経緯

・2005年 初版リリース

以前は「Groovy on Rails」として知られていましたが「Grails」に改名されています。

主な特徴

■Java系言語「Apache Groovy」ベース

Grailsは、Javaプラットフォーム用言語「Apache Groovy」を使用します。

開発者の生産性を向上させるために設計された言語であり、静的型定義と静的コンパイル機能を備えています。

→OSSxCloudNews →オープンソースの言語/Apache Groovyとは

■Javaアプリケーション構築ツール「Spring Boot」ベース

Grailsは、Javaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework」をベースとしたアプリケーション構築ツール「Spring Boot 2.0」上に構築されています。

Javaアプリケーションを短時間に開発できる特徴があり、Springベースのアプリケーションを簡単に作成できます。

→Spring Boot

■Java統合

Grailsは「Java」「JVM」「Java EEコンテナ」などの既存のJava技術とシームレスかつ透過的に統合および相互運用できます。

■プラグイン

Grailsのプラグインは、開発するアプリケーションに組み込んで使える拡張モジュールです。自身でプラグイン構築できます。

Grailsプラグインは、Linuxにおけるパッケージ管理システムのように、モジュール間の依存性を管理しつつ、1つのコマンド入力でプラグインをリポジトリからダウンロードしてアプリケーションに組み込んで利用できます。

多種多様なプラグインが用意されています。
・Twitter連携プラグイン
・データベース内容をCSVでエクスポート/インポート
・認証/認可機能 など

→Grails →Plugins

■開発生産性

Grailsは高い開発生産性が特徴です。オールインワン型のインストールで即座に利用を開始できます。

「Ruby on Rails」をインスパイアしており、XML設定なしでアプリケーションを構築できます。

生産性を向上させるさまざまな機能を利用できます。
・動的追加メソッド「mixin」
・データアクセスツールキット「GORM」
・Views
・REST API
・並行プログラミング機能
・IDEサポート など

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Spring Framework」「Play Framework」「Spark Framework」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Grails(Grails Framework)

ライセンス情報

Grailsのライセンスは「Apache 2 License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Grails [→OPEN SOURCE]

ダウンロード

→Grails →DOWNLOAD

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Grails最新TOPICS

最新情報はありません。

Grails最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter