Spring Framework(スプリングフレームワーク)とは、Javaプラットフォームを対象とするアプリケーションフレームワークです。「DI(依存性注入)」と「AOP(アスペクト指向プログラミング)」を中核とした豊富な機能を搭載し、効率的にエンタープライズJavaアプリケーションを開発できます。

オープンソースのフレームワーク/Spring Frameworkとは

Spring Framework(スプリングフレームワーク)とは、Javaプラットフォームを対象とするアプリケーションフレームワークです。「DI(依存性注入)」と「AOP(アスペクト指向プログラミング)」を中核とした豊富な機能を搭載し、効率的にエンタープライズJavaアプリケーションを開発できます。

概要

Spring Framework(スプリングフレームワーク)とは、Javaプラットフォームを対象とするアプリケーションフレームワークです。「DI(依存性注入)」と「AOP(アスペクト指向プログラミング)」を中核とした豊富な機能を搭載し、効率的にエンタープライズJavaアプリケーションを開発できます。

基本説明

Spring Frameworkは、あらゆる種類のプラットフォーム上で、最新Javaベースのエンタープライズアプリケーション向けの包括的なプログラミングおよび構成モデルを提供します。

JVMでの代替言語として「Groovy」と「Kotlin」をサポートし、アプリケーションのニーズに応じてさまざまな種類のアーキテクチャに対応できる柔軟性を備えているため、さまざまなシナリオ向けのエンタープライズアプリケーションを開発できます。

また、Spring Frameworkはエンタープライズアプリケーションの「配管」に重点を置いており、アプリケーションレベルでのインフラストラクチャサポート機能を提供します。そのため、開発チームは展開環境の特定要因に不必要に結び付けられることなく、アプリケーションレベルのビジネスロジックに集中できます。

主要開発元

Spring Frameworkは、Pivotal社を中心として開発が進められています。

→pivotal.io

経緯

・2003年:初版リリース

Spring Frameworkは、初期J2EE仕様の複雑さへの対応として登場しました。

ユースケース

Spring Frameworkは、幅広いアプリケーションシナリオをサポートしています。

・アプリケーションサーバ実行---開発者が制御できないアップグレードサイクルのJDK環境
・クラウド環境実行---単一のjarとして実行
・スタンドアロンアプリケーション実行---バッチ実行、統合ワークロード実行 など

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→spring.io →projects →Spring Framework

■ライセンス情報

Spring Frameworkのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →spring-projects/spring-framework →LICENSE.txt

■ダウンロード

→GitHub →spring-projects/spring-framework

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Play Framework」「Java Server Faces」「Apache Wicket」など。

Spring Framework最新TOPICS

【セミナー】基幹 DB で PostgreSQL を採用! 住友電工は如何にして OSS 活用の決断をしたのか? ~企業システムにおけるオープンソースの活用とセキュリティ対策事例~(2017年09月28日 13:23)

2017年10月18日(水)14:30~16:45 JJK 会館 7F (東京中央区築地 4-1-14)にて、「基幹 DB で PostgreSQL を採用! 住友電工は如何にして OSS 活用の決断をしたのか? ~企業システムにおけるオープンソースの活用とセキュリティ対策事例~」と題したセミナーを開催します。 今回は、元住友電気工業株式会社 情報システム部長の岩佐氏をお招きし、お話を伺いま...

Spring Framework最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter