Cygwin(シグウィン)とは、Windows上で疑似的なUNIX系OS実行環境を構築するためのソフトウェアパッケージです。Windows上で直接UNIX系アプリケーションを実行できます。

オープンソースのCygwinとは

Cygwin(シグウィン)とは、Windows上で疑似的なUNIX系OS実行環境を構築するためのソフトウェアパッケージです。Windows上で直接UNIX系アプリケーションを実行できます。

「Cygwin」基本情報

概要

Cygwin(シグウィン)とは、Windows上で疑似的なUNIX系OS実行環境を構築するためのソフトウェアパッケージです。Windows上で直接UNIX系アプリケーションを実行できます。

基本説明

Cygwinは、UNIX(Linux)で利用できるシェル/コマンドなどのアプリケーションプログラムを、Windows上で直接、バイナリ動作させる環境を構築できます。

「Windows」と「UNIX(Linux)」をそれぞれ別の領域にインストールして、選択起動する「マルチブート」ではなく、Windows上で動くアプリケーションウィンドウ内に、UNIX(Linux)環境を再現できます。

TOPに戻る

主な特徴

動作の仕組み「cygwin1.dll」

Cygwinは、UNIX互換OSのAPI「POSIX API」と同等の機能を提供するランタイムライブラリ「cygwin1.dll」がベースとなり、「UNIXライクなルック&フィールを提供するさまざまなツール群」によって構成されています。

UNIX(Linux)アプリケーションプログラムは、「Cygwin1.dll」と動的にリンクすることにより、UNIX(Linux)上とほぼ同じように動作します。

「プロセス間通信」「セマフォ」「共有メモリ」「メッセージキューイング」などを仲介するサービスも提供することにより、UNIX(Linux)系ツールとのソースコードレベルの互換性を実現しています。

システムコールのエミュレーション

Cygwin用として提供されていない他のUNIX(Linux)用プログラムであっても、Cygwin上でソースコードをコンパイルすることにより、実行できます。

「システムコールのエミュレーション」であるため、UNIX(Linux)用の実行形式ファイルがWindows上で動作するわけではありません。

Windowsネイティブ環境に直接アクセス

VMWare上などで動作するUNIX互換システムとは異なり、CygwinからWindowsネイティブ環境に直接アクセスできることが大きな利点です。

Linuxのコマンドはほぼ使える

Linuxで使用できるコマンドは、ほぼ利用できます。

  • ls
  • grep
  • find
  • xargs
  • bash
  • awk
  • csplit
  • split
  • cat など

また、「X Window」や「SSH(Open SSH)コマンド」も利用できます。

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→「Cygwin」オフィシャルサイト

ライセンス情報

Cygwinのライセンスは「GNU General Public License (GPL)」および「GNU Lesser General Public License (LGPL) version 3」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→「Cygwin」オフィシャルサイト →What are the licensing terms?

ダウンロード

→「Cygwin」オフィシャルサイト →Installing and Updating Cygwin Packages

TOPに戻る

参考元サイト

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Cygwin最新TOPICS

最新情報はありません。

Cygwin最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter