サイボウズLiveとは、チーム運営に必要な機能を提供するグループウェアサービスです。利用者が100万人を超える日本最大級のグループウェアです。

クラウドサービス/サイボウズLiveとは

サイボウズLiveとは、チーム運営に必要な機能を提供するグループウェアサービスです。利用者が100万人を超える日本最大級のグループウェアです。

概要

サイボウズLiveとは、チーム運営に必要な機能を提供するグループウェアサービスです。利用者が100万人を超える日本最大級のグループウェアです。

基本情報

プラットフォーム クラウドサービス
クラウドサービス名 サイボウズLive
読み方 サイボウズ ライブ
略称 ---

基本説明

サイボウズLiveは、社内で利用しているグループウェアと併用して、社外/プライベートでの情報共有を円滑にすることを目的とした「セカンドグループウェア」サービスとしています。

基本的に無料で利用できます。

「サイボウズLive」と「サイボウズ Office」の違い

無料版「サイボウズLive」は、プロジェクト/チーム単位での情報交換向きです。

有料版「サイボウズ Office」は、全社/部門単位での情報共有向きです。

「サイボウズLive」には、サイボウズOfficeシリーズにあるような業務マネジメント機能(ワークフロー、報告書など)はありません。サイボウズLiveは、小規模グループで気軽に使える設計になっています。

詳細はこちらで解説されています。
→cybozu Live →サイボウズLiveとサイボウズ Officeの違いについて

TOPに戻る

主な特徴

グループ

グループスペースを作成して、招待したメンバーのみでの情報共有を行えます。

「タイムライン」「掲示板」「イベント」「ToDoリスト」「共有フォルダ」などの機能を利用できます。

PC版

PC画面では、詳細レベルの機能まで利用できます。

モバイル版

スマートフォン専用アプリが提供されています。モバイル端末からも手軽に情報共有を行えます。

チャット機能

リアルタイムチャット機能が装備されています。

「複数メンバーとのグループチャット」や「1対1のダイレクトチャット」を行えます。

ホーム画面

ホーム画面には「参加グループの新着情報」「イベント情報」「新着通知」などが集約的に表示されます。

マイカレンダー

マイカレンダーで個人予定を管理できます。参加グループのイベントなども集約表示されます。

「サイボウズLiveシンク」を利用して、マイカレンダーに、「Googleカレンダー」「社内のサイボウズ」などの予定を同期できます。

プロフィール

プロフィール情報として、連絡先/勤務先などを掲載して、名刺代わりに使えます。

メール通知機能

新着情報をメール受信できます。細かな通知設定を行えます。

Facebook/Twitter連携

Facebook/TwitterアカウントでのフェデレーションID連携を行えます。

掲示板機能

掲示板は、Wikiのように情報を整理して共有できます。

ToDoリスト機能

ToDoリストで「担当者」「ステータス」などを設定してタスク管理を行えます。

アンケート機能

アンケートを作成して意見を可視化できます。複数の候補から1つの候補に絞り込みたい状況などで活用できます。

ファイルバージョン管理機能

共有フォルダに保存されたファイルは、3世代までバージョン管理されます。

セキュリティ

通信経路はSSLで暗号化されています。

「ISO/IEC 27001:2013」認証を取得しており、情報セキュリティマネジメントシステムを構築しています。

ユースケース

手軽に導入できるため、さまざまな環境で活用できます。
・マンション管理組合
・子どもの安全情報の共有
・親の集まり(PTAなど)の共有
・地域イベントの共有
・地域医療 など

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

「Microsoft Office 365」「kintone」「Aipo.com」など

TOPに戻る

導入事例

オフィシャルサイトで導入事例が紹介されています。
→cybozu Live →導入事例

TOPに戻る

参考元サイト

・cybozu Live
・ミライFAN →メールを時代遅れにする仲間コラボツール「サイボウズLive」5つの機能
・ミライFAN →ご近所や日常生活の取り組みでのサイボウズLive活用アイデア
・ミライFAN →サイボウズLiveの使い方ガイド

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

サイボウズLive最新TOPICS

最新情報はありません。

サイボウズLive最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter