Enigma(エニグマ)とはブロックチェーンタイプの分散型計算プロトコルです。「シークレットコントラクト」を可能にする分散ネットワーク構築が可能で、Enigmaネットワーク内の「シークレットノード」が暗号化データに対して安全に計算を実行できます。

オープンソースのFinTech系ツール/Enigmaとは

Enigma(エニグマ)とはブロックチェーンタイプの分散型計算プロトコルです。「シークレットコントラクト」を可能にする分散ネットワーク構築が可能で、Enigmaネットワーク内の「シークレットノード」が暗号化データに対して安全に計算を実行できます。

概要

Enigma(エニグマ)とはブロックチェーンタイプの分散型計算プロトコルです。「シークレットコントラクト」を可能にする分散ネットワーク構築が可能で、Enigmaネットワーク内の「シークレットノード」が暗号化データに対して安全に計算を実行できます。

基本説明

分散型計算プロトコル「Enigma」は、強力な正確性とプライバシー保証を備えたコード(シークレットコントラクト)の実行を容易にする無許可のピアツーピアネットワークを提供します。

機密データ(プライベートデータ)を入力として利用できる分散アプリケーション向けのスケーラブルなプラットフォームを構築でき、トランザクションだけでなく、あらゆる種類の計算にプライバシーをもたらすことが可能です。

主要開発元

EnigmaはMITで育った専門家チームを中心として開発が進められています。

→Enigma →Team

経緯

Enigmaは、2015年、Enigma共同創立者Guy Zyskind氏のMIT論文で初めて説明されました。

「プライバシーとブロックチェーン」に関する彼の2つの画期的な論文は、400を超える引用があり、この分野で最も高く引用されています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→enigma.co

■ライセンス情報

Enigmaのライセンスは「GNU Affero General Public License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Enigma →Docs →License

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Hyperledger」など。

Enigma最新TOPICS

最新情報はありません。

Enigma最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料公開中

全社プラットフォームとしてのAI自動翻訳「T-4OO」導入で、社内の翻訳業務をまとめて効率化する (技術文書、特許文書の和訳、契約書の英訳などを自動化し、年間1.3億円のコストを削減する方法)

ベトナムでのAI(人工知能)開発って、ぶっちゃけどうなの?

企業のデータ活用に立ちはだかる「3つの壁」 ~どの壁で止まっているのか、自社のポジションを判定し、壁を乗り越えるためのワークショップ~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter