MySQL(マイエスキューエル)とは、高速性と堅牢性を追及した「マルチユーザ」「マルチスレッド」のオープンソースリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。数多くのバージョンアップが繰り返され、各種機能強化や機能追加が実施されたことにより、商用製品と比較しても遜色のないデータベース製品となっています。

オープンソースのデータベース/MySQLとは

MySQL(マイエスキューエル)とは、高速性と堅牢性を追及した「マルチユーザ」「マルチスレッド」のオープンソースリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。数多くのバージョンアップが繰り返され、各種機能強化や機能追加が実施されたことにより、商用製品と比較しても遜色のないデータベース製品となっています。

■関連する比較ページ

概要

MySQL(マイエスキューエル)とは、高速性と堅牢性を追及したマルチユーザ・マルチスレッドのオープンソースリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。世界中で最もよく利用されており、Oracle社が開発を行っています。

基本説明

MySQLは、オープンソースのデータベースとして「高速処理性能」や「安定性」に定評があります。

数多くのバージョンアップが繰り返され、各種機能強化や機能追加が行われ、現在では商用製品と比較しても遜色のないデータベース製品となっています。

マルチユーザー、マルチスレッド、レプリケーション、トランザクション管理など高度な機能が実装されています。

多くのプラットフォームに対応し、JavaやPHPのようなプログラム言語からも簡単にアクセスが可能です。

特に、WEBサービスに対して威力を発揮できる点が、注目を集め利用され続けてきている理由となっています。

主要開発元

MySQLはオープンソースですが、オラクル社によって開発やソースコード管理が行われています。

MySQLは有償版(「MySQL Standard Edition」など)と、無償版「MySQL Community Server」の2種類が提供されています。

市場シェア

MySQLの世界での市場シェアは、PostgreSQLなどの他のオープンソースデータベースを圧倒しています。

日本市場では、MySQLの文字コードサポートが不十分だったという問題などもあり、当初は伸び悩みましたが、文字コード問題も解消され、近年ではPostgreSQLに匹敵し、上回ってくるまでにシェアを広げています。

ユースケース

MySQLは、レンタルサーバのデータベースとしてよく利用されています。

また、Google、Facebook、YouTube、Yahooのような世界的Webサービス企業にも多くの導入実績があります。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→mysql.com

■ライセンス情報

MySQLのライセンスは「GNU General Public License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→oracle.com →Oracle Technology Network →Database  →MySQL

■ダウンロード

→MySQL →MySQL Community Downloads

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「PostgreSQL」「MariaDB」など。

MySQL最新TOPICS

【講演資料を公開】6/30 マルチクラウドの課題をどう解決すればよいのか? ~AWS依存から脱却!手軽に始めるマルチクラウドと Oracle Cloud の賢い使い方~(2021年07月30日 09:15)

2021/6/30「マルチクラウドの課題をどう解決すればよいのか? ~AWS依存から脱却!手軽に始めるマルチクラウドと Oracle Cloud の賢い使い方~」と題したウェビナーを主催:株式会社スマートスタイルにて開催しました。 本セミナーでは、これまで主力だったAWSに代わり、導入する会社が増えつつあるマルチクラウドについて、導入に際しておこる課題を説明し、その課題を解決してマルチクラウ...

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

倉庫業務の効率化、人的ミスの削減や作業品質の向上をどう実現するか? ~IoTを活用した倉庫・物流施設のDX事例~

オンプレミスで稼働中のパッケージアプリケーションをAWSなどのクラウド上で提供するためのポイント~クラウドのスキル・運用・セキュリティの対応はどうすれば良いのか?~

Microsoft365やWeb会議の「遅い」「止まる」をどう解消すればいいのか?~ADCやSD-WANなどそれぞれの方式の違いと比較~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter