MariaDB(マリアディービー)とは、「MySQL」から派生したオープンソースリレーショナルデータベースシステムです。「拡張性」「処理性能」「高品質」が評価され、世界中で急速にシェアを拡大しています。

オープンソースのデータベース/MariaDBとは

MariaDB(マリアディービー)とは、「MySQL」から派生したオープンソースリレーショナルデータベースシステムです。「拡張性」「処理性能」「高品質」が評価され、世界中で急速にシェアを拡大しています。

「MariaDB」基本情報

■概要

MariaDB(マリアディービー)とは、「MySQL」から派生したオープンソースリレーショナルデータベースシステムです。「拡張性」「処理性能」「高品質」が評価され、世界中で急速にシェアを拡大しています。

■基本説明

MariaDBは人気のあるデータベースサーバです。

「高速パフォーマンス」「高機能」「高信頼性」「堅牢性」「スケーラブル」「豊富なストレージエンジン」「プラグイン」「多くのツールが用意されたエコシステム」などの特徴により、さまざまなユースケースで非常に汎用性の高いデータベースとして使用されています。

■動作環境

MariaDBは「Linux」「Windows」「macOS」「Solaris」「UNIX」「BSD」などで動作します。

■経緯

・2009年 初版リリース

MariaDBは、コミュニティで開発されたMySQLのフォークプロダクトです。

MariaDBはMySQL開発チームのコアメンバーが中心となり、外部の開発者と積極的に協力して開発を重ねた結果、機能的で安定した健全なオープンライセンスのデータベースサーバとして成長し続けています。

■ユースケース

シェア拡大

MariaDBは、「開発精度の高さ」や「緻密さ」が世界中のエンジニアから評価され、ダウンロード数が急増しシェアを急速に拡大しています。

MariaDBのインストールは世界中で数百万件の実績があり、MariaDBインストールソフトウェアのダウンロードは1日に何千回もダウンロードされています。

主要Linuxディストリビューションに採用

多方面においてMariaDBのシェアが急速に広まっており、主要なLinuxディストリビューションである「Red Hat Enterprise Linux」「Fedora」「Ubuntu」「BSDディストリビューション」などにおいてMySQLに代わってMariaDBが標準データベースになっています。

主な用途

MariaDBは、プラグイン可能なストレージを活用して拡張であるため、拡張可能なデータベースプラットフォームとしてさまざまなワークロードをサポートできます。

・スタンドアロンアプリケーション
・Webアプリケーション
・クラウドアプリケーション
・IoT(Internet of Things)アプリケーション
・エンタープライズトランザクション
・分析システム
・モバイルデバイス
・地理情報システム「GIS(Geographic Information System)」 など

導入企業/サイト

・Google
・Mozilla
・Wikipedia
・ホテル予約オンラインサービス「Booking.com」 など

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→MariaDB(MariaDB.org - Supporting continuity and open collaboration)

ライセンス情報

MariaDBのライセンスは「GNU General Public License version 2+他」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→MariaDB →MariaDB License

ダウンロード

→MariaDB →Download

導入事例

→MariaDB →Case Studies

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「MySQL」「PostgreSQL」など。

MariaDB最新TOPICS

【講演資料を公開】11/21『MySQLやMariaDBでダウンタイム"ゼロ"を実現する「マルチマスター」解説 「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」の紹介』(2018年12月21日 09:15)

2018年11月21日(水)株式会社スマートスタイル本社 マルチファンクションルーム にて『MySQLやMariaDBでダウンタイム"ゼロ"を実現する「マルチマスター」解説 「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」の紹介』と題したセミナーが開催されました。 当日は、冬の到来を感じさせる寒さとなりましたが、掲題にご興味・ご関心をお持ちの方々が続々とご来場くださ...

無料資料プレゼント

OpenShiftと最新の開発体験で進化するDevOps(サービスメッシュからサーバーレスまで)

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter