Open Lowcode(オープンローコード)とはローコード開発環境です。特定のアプリケーションを迅速かつ正確に構築して、最小限の予算でそれらを拡張できます。「財務アプリ」「タスク管理アプリ」「複雑データ処理アプリ」「セキュリティ管理アプリ」「ワークフローアプリ」などを素早く開発できます。

オープンソースのフレームワーク/Open Lowcodeとは

Open Lowcode(オープンローコード)とはローコード開発環境です。特定のアプリケーションを迅速かつ正確に構築して、最小限の予算でそれらを拡張できます。「財務アプリ」「タスク管理アプリ」「複雑データ処理アプリ」「セキュリティ管理アプリ」「ワークフローアプリ」などを素早く開発できます。

概要

Open Lowcode(オープンローコード)とはローコード開発環境です。特定のアプリケーションを迅速かつ正確に構築して、最小限の予算でそれらを拡張できます。「財務アプリ」「タスク管理アプリ」「複雑データ処理アプリ」「セキュリティ管理アプリ」「ワークフローアプリ」などを素早く開発できます。

基本説明

Open Lowcodeでは、空白のシートから始めて、アプリケーションテンプレートで必要なものを定義します。

次に、デザイナーがアプリケーションを生成します。

その後、Open Lowcodeサーバで実行し、Open Lowcodeクライアントを介してアプリに接続できます。

ユースケース

・財務管理---多軸予算管理、スマートレポート作成
・計画管理---分単位でのタスクスケジュール
・データ処理---スプレッドシートでは対応できない複雑な処理を実行
・セキュリティ管理---エンタープライズグレードのロールベースアクセス権管理 など

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→openlowcode.com

■ライセンス情報

Open Lowcodeのライセンスは「Eclipse Public License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →openlowcode/Open-Lowcode →LICENSE

■動作環境

Open Lowcodeサーバには、次のコンポーネントが必要です。

・Javaランタイム
・データベース用JDBC jarフォルダ
・オペレーティングシステム---UnixまたはWindows
・データベース---Derby組み込みデータベースエンジン、MariaDB

→github.com →openlowcode/Open-Lowcode →wiki →Open-Lowcode-Operation-Guide [→server-installation-prerequisites]

■セットアップ方法

→github.com →openlowcode/Open-Lowcode →wiki →Open-Lowcode-Operation-Guide [→development-platform-setup]

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Corteza」「OSBP」「OpenXava」など。

Open Lowcode最新TOPICS

最新情報はありません。

Open Lowcode最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ソフトウェア開発におけるアジャイル基盤の構築 (バージョン管理システムやテスト自動化ツールとの連携の必要性)

OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~無償版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~

「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter