OSBP(Open Standard Business Platform)とは、Eclipseエコシステムにおけるフルスタックローコードソフトウェア開発環境です。エンタープライズアプリケーションをドメイン固有言語に基づいて簡単な方法でモデリングすることにより実装したい開発者向けに作られています。

オープンソースのフレームワーク/OSBPとは

OSBP(Open Standard Business Platform)とは、Eclipseエコシステムにおけるフルスタックローコードソフトウェア開発環境です。エンタープライズアプリケーションをドメイン固有言語に基づいて簡単な方法でモデリングすることにより実装したい開発者向けに作られています。

概要

OSBP(Open Standard Business Platform)とは、Eclipseエコシステムにおけるフルスタックローコードソフトウェア開発環境です。エンタープライズアプリケーションをドメイン固有言語に基づいて簡単な方法でモデリングすることにより実装したい開発者向けに作られています。

基本説明

OSBPは、ライフサイクル全体でソフトウェアアプリケーションを「構築」「展開」「管理」するための拡張可能および交換可能なフレームワークです。

Eclipseプロジェクトのツールやランタイム環境に基づいています。

「OS.bee」のコミュニティバージョン

OSBPはローコード開発環境「OS.bee」のコミュニティバージョンです。

OS.beeは「コードなし」「ローコード」「従来のモデル駆動型および自動化されたアプリケーション開発」を組み合わせたソフトウェア開発環境です。

→osbee.org →home

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→eclipse.org →osbp

■主要開発元

OSBPは、Eclipse Foundationが中心となり開発が進められています。

→eclipse.org →org

■ライセンス情報

OSBPのライセンス詳細については、こちらを参照ください。
→eclipse.org →Legal Resources

■ダウンロード

→eclipse.org →osbp →Download Options

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「OpenXava」「Joget Workflow」「Convertigo」など。

OSBP最新TOPICS

最新情報はありません。

OSBP最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料公開中

With/Afterコロナ時代のIT体制を考える 〜リモートワークへの対応は、IT体制の拡充&効率化の入口〜

Windows7 終了より影響大!? 成功事例に学ぶ、“手ごわい” Microsoft旧製品の移行・クラウド化

Webセミナー 日本人が知らない、欧米企業のIT体制と、日本との格差 ~2025年の崖を乗り越えるために ~「ラボ型開発」、「日本での社員雇用」、「現地開発子会社設立」について解説~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter