OSBP(Open Standard Business Platform)とは、Eclipseエコシステムにおけるフルスタックローコードソフトウェア開発環境です。エンタープライズアプリケーションをドメイン固有言語に基づいて簡単な方法でモデリングすることにより実装したい開発者向けに作られています。

オープンソースのフレームワーク/OSBPとは

OSBP(Open Standard Business Platform)とは、Eclipseエコシステムにおけるフルスタックローコードソフトウェア開発環境です。エンタープライズアプリケーションをドメイン固有言語に基づいて簡単な方法でモデリングすることにより実装したい開発者向けに作られています。

概要

OSBP(Open Standard Business Platform)とは、Eclipseエコシステムにおけるフルスタックローコードソフトウェア開発環境です。エンタープライズアプリケーションをドメイン固有言語に基づいて簡単な方法でモデリングすることにより実装したい開発者向けに作られています。

基本説明

OSBPは、ライフサイクル全体でソフトウェアアプリケーションを「構築」「展開」「管理」するための拡張可能および交換可能なフレームワークです。

Eclipseプロジェクトのツールやランタイム環境に基づいています。

「OS.bee」のコミュニティバージョン

OSBPはローコード開発環境「OS.bee」のコミュニティバージョンです。

OS.beeは「コードなし」「ローコード」「従来のモデル駆動型および自動化されたアプリケーション開発」を組み合わせたソフトウェア開発環境です。

→osbee.org →home

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→eclipse.org →osbp

■主要開発元

OSBPは、Eclipse Foundationが中心となり開発が進められています。

→eclipse.org →org

■ライセンス情報

OSBPのライセンス詳細については、こちらを参照ください。
→eclipse.org →Legal Resources

■ダウンロード

→eclipse.org →osbp →Download Options

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「OpenXava」「Joget Workflow」「Convertigo」など。

OSBP最新TOPICS

最新情報はありません。

OSBP最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

日本語が得意なオフショア開発会社でも、プロジェクトが失敗に終わってしまう理由 ~開発プロセス・品質の観点における、開発パートナーの選び方とベトナムオフショア開発の最新情報~

コスト高となるSaaS利用の代替手段 ~情シス要員のいない中小企業が、業務アプリ開発を”ノーコード”で実現する~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter