Corteza(コルテザ)とは、自己ホスト型クラウドプラットフォームです。コアテクノロジーとして「統合ワークスペース」「エンタープライズメッセージング」「レコードベース管理ソリューション」「CRM」を安全かつ迅速に提供するためのローコード環境で構成されています。

オープンソースのフレームワーク/Cortezaとは

Corteza(コルテザ)とは、自己ホスト型クラウドプラットフォームです。コアテクノロジーとして「統合ワークスペース」「エンタープライズメッセージング」「レコードベース管理ソリューション」「CRM」を安全かつ迅速に提供するためのローコード環境で構成されています。

概要

Corteza(コルテザ)とは、自己ホスト型クラウドプラットフォームです。コアテクノロジーとして「統合ワークスペース」「エンタープライズメッセージング」「レコードベース管理ソリューション」「CRM」を安全かつ迅速に提供するためのローコード環境で構成されています。

主な特徴

■アーキテクチャ

Cortezaは「バックエンド(Go言語)」と「フロントエンド(Vue.js)」で構築され、クラウドフレンドリーなアーキテクチャとして提供されています。

重要なソフトウェアインフラストラクチャとデータ制御を重視するあらゆる組織で活用できます。

■セキュアプラットフォーム

Cortezaは、市場をリードする人気の高い標準テクノロジーを採用し、それらをシンプルかつ統合的に管理できるセキュアプラットフォームを提供します。

組織の仕事と関係者全員のプライバシーを保護しながら、組織の生産性を向上できるセルフホストクラウドプラットフォームを構築できます。

■サードパーティソフトウェアエコシステム

組織がスムーズにCortezaを運用できるように、サードパーティソフトウェアエコシステムが提供されています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→cortezaproject.org

■主要開発元

Cortezaは、Corteza Dev Communityが中心となり開発が進められています。

Cortezaは、設計上の考慮事項やプロセスを含め、完全にパブリックドメインで開発されています。

→cortezaproject.org →community →developers

■ライセンス情報

Cortezaのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →cortezaproject →corteza-server →LICENSE

■ダウンロード

→cortezaproject.org →download

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「OSBP」「OpenXava」「Joget Workflow」など。

Corteza最新TOPICS

最新情報はありません。

Corteza最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

Function-As-AServiceプラットフォーム、主要プロバイダ9社とその状況

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ソフトウェア開発におけるアジャイル基盤の構築 (バージョン管理システムやテスト自動化ツールとの連携の必要性)

オフショア開発の失敗パターンと、日本側常駐体制

マイクロソフトが提供するローコード開発環境「Power Apps」超入門 ~どのようなシステムに適用できるのか?~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter