jQuery(ジェイクエリー)。軽量JavaScriptライブラリです。少ないコード量でWebページに動きをつけることができ、リッチな表現を組み込めます。

オープンソースの言語/jQueryとは

jQuery(ジェイクエリー)。軽量JavaScriptライブラリです。少ないコード量でWebページに動きをつけることができ、リッチな表現を組み込めます。

基本情報

概要

jQuery(ジェイクエリー)とは、軽量JavaScriptライブラリです。Webページに少ないコード量で動きをつけて、リッチな表現を組み込めます。

基本説明

jQueryのロゴに「write less, do more」と表記されている通りに、少ないコード量でリッチなUIを実現できます。

経緯

2006年、初版がリリースされました。

TOPに戻る

主な特徴

jQueryにできること

jQueryを使用すると、ページに動きをつけたリッチなUIを実装できます。

Webページに、各種効果/アニメーション/ユーザインターフェース要素などを追加できます。

「時間によってページの色を変更する」「クリックしたら画像が入れ替わる」「フォームの中の要素を動的に変更する」「ユーザ動作によりCSSを変更してレイアウトを変える」などのことが可能です。

少ないコード量で記述できる

JavaScriptでは数十行必要な処理が、jQueryを使用すると数行のコードで記述できます。

HTML内の操作対象要素を指定し、その要素を内部に保持する「jQueryオブジェクト」が返されます。その「jQueryオブジェクト」に実行したいメソッドを指定すると、返り値として処理済みの「jQueryオブジェクト」が返されます。

そのオブジェクトにメソッドを指定することを繰り返すことにより、数珠つなぎで処理を記述できます。UNIXシェルで連続して処理を行なうパイプ処理と同様の記述を行えます。

jQueryオブジェクト

「jQueryオブジェクト」は、「選択した要素一式を配列の形で保持している」かつ「jQueryメソッドを備えている」オブジェクトです。

メソッドを実行した際に返される共通のデータ形式です。メソッドの戻り値が1種類に規定されているため、分かりやすいコードになります。

軽量

jQuery本体は48KBほどしかなく、機能の割には小さいファイルサイズです。

JavaScript言語拡張を行わない

jQueryは、JavaScript言語の拡張は行っていないため、他のJavaScriptライブラリで発生しがちな、思わぬ誤動作の発生を抑止できます。

クロスブラウザコンテンツ

jQueryはブラウザ間の差異を吸収するため、クロスブラウザコンテンツを実現できます。

jQueryプログラムの読み込み方

jQueryプログラムの読み込み方として次の種類があります。
1.html内に直接記述
2.別ファイル「◯◯.js」を読み込む
3.CDN(Contents Delivery Network)を使ってネットワーク経由で読み込む

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「prototype.js」「mootools」など。

TOPに戻る

導入事例

「JavaScriptライブラリのデファクトスタンダード」と言われるほど、さまざまな場面で活用されています。

Microsoft/IBM/Amazon/Dell/Twitterなどの名だたる企業がjQueryを支持しています。

Microsoftは「Visual Studio」ツールなどでjQueryを採用しています。

Ruby用開発フレームワーク「Ruby on Rails」は、バージョン3.1から、標準JavaScriptライブラリとしてjQueryを採用しています。

TOPに戻る

ライセンス情報

jQueryのライセンスは「MIT License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

jQuery最新TOPICS

最新情報はありません。

jQuery最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter