MySQL MHA(マイエスキューエル エムエイチエー)。MySQLマスタ障害発生時に、MySQLマスタの自動フェイルオーバーを行い高可用性を実現するオープンソースツールです。

オープンソースのクラスタリング/MySQL MHAとは

MySQL MHA(マイエスキューエル エムエイチエー)。MySQLマスタ障害発生時に、MySQLマスタの自動フェイルオーバーを行い高可用性を実現するオープンソースツールです。

基本情報

概要

MySQL MHA(マイエスキューエル エムエイチエー)とは、MySQLマスタ障害発生時に、MySQLマスタの自動フェイルオーバーを行い高可用性を実現するオープンソースツールです。

基本説明

「MySQL MHA」は、「Master High Availability Manager and tools for MySQL」の略称です。

Perlで実装されており、マスタとスレーブで構成されるMySQLレプリケーション環境で稼働します。

MySQLには、マスタサーバ障害時のフェイルオーバ機能は標準では提供されていないため、短時間でミスなく障害復旧を行うために有効なツールです。

MySQLのマスタをフェイルオーバーさせ、スレーブをマスタに昇格させる作業を短時間(10〜30秒程度)で実行することを目的としています。MHAマネージャがマスタ障害を検知すると、スレーブの1つを新しいマスタに昇格させデータベースの稼働を継続します。

マスタ障害が発生しても、スレーブ間での整合性を崩さない機能を搭載しています。最小限のダウンタイムで迅速にレプリケーションを再開できます。非同期レプリケーションでもスレーブ間の同期が取れます。

経緯

MySQLエキスパートとして世界的にも著名な松信嘉範氏が開発されています。

TOPに戻る

主な特徴

フェイルオーバー機能

フェイルオーバーの際、非同期によるデータ差分をチェックし同期を取ることで、データロスの可能性を軽減します。

フェイルオーバー機能(1)自動フェイルオーバー(監視あり)

MHAマネージャがマスタを監視し、マスタに障害が発生するとフェイルオーバーさせます。最新のDB情報を反映しているスレーブから、その他のスレーブに対して差分を適用する動作を行うため、スレーブ間のデータ整合性が保証されます。

フェイルオーバー機能(2)手動フェイルオーバー

手動でのマスタフェイルオーバーも可能です。

フェイルオーバー機能(3)自動フェイルオーバー(監視なし)

MHA自身では、MySQLのサービス監視は実施しないモードです。監視作業を他の監視ソフトウェアで行い、監視ソフトウェアからの通知によりフェイルオーバーを実行します。

マスタ切り替え機能

オンラインでマスタを別ホストに切り替える機能です。0.5〜2秒ほどの書き込みブロックのみで切り替え可能です。

マスタ昇格指定機能

「特定スレーブのマスタ昇格(昇格不可)指定」が可能です。

動作条件

・rootで各ノード間でのSSH公開鍵認証が可能であること

・MySQL 5.0 以降のみサポート

・マスタ昇格候補のサーバでlog-binがenableであること

・マスタ昇格候補サーバにレプリケーション用ユーザが存在すること

・ステートメントベースレプリケーションでは「LOAD DATA INFILE」の使用は禁止

MHAマネージャコンポーネント

「MySQLマスタのサービス監視」と「フェイルオーバー実行」を行います。

MHAノードコンポーネント

MHAノードコンポーネントは、各MySQLサーバに1つずつ配置され、フェイルオーバーが発生した場合、「スレーブサーバの更新状態調査」「更新状態が最新であるスレーブサーバをマスタサーバへ昇格」「他のスレーブサーバの更新処理参照先を新マスタサーバへ変更」などを行います。

フックポイント

全部で6箇所のフックポイントが用意されています。動作の各所で任意のスクリプトを実行させることができます。

既に動作しているMySQLに影響を与えない

MHAのインストール/アンインストールにおいて、MySQLプロセスやレプリケーションを止める必要はありません。

負荷をかけない

MHA自体は追加の負荷をかけないため、パフォーマンスを低下させません。

バイナリログフォーマット

「Statement」ベースでも「Row」ベースでもサポートします。

ストレージエンジンに依存しない

トランザクション非対応ストレージエンジン(MyISAMなど)でも動作します。

ローコストで導入可能

・アクティブ/スタンバイ構成時のスタンバイ機のようなサーバは不要(サーバの追加投資が不要)

・既存のMySQLレプリケーションの構成変更は不要

・既存の環境を入れ替えることなく導入できる

TOPに戻る

導入事例

DeNAのサービスへのMHA導入実績があります。

TOPに戻る

ライセンス情報

「MySQL MHA」のライセンスは、「GNU General Public License Version 2」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

MySQL MHA最新TOPICS

最新情報はありません。

MySQL MHA最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

セミナー講演資料公開中

オンプレOracleDBのクラウド移行先はどう選ぶべきか? Oracle Cloud Infrastructure 入門セミナー

いますぐできるAWSを使ったテレワーク環境の構築と、オンプレ業務システムのクラウド移行 ~AWS Client VPN、Amazon Workspaces、Amazon AppStreamをライブデモで紹介~

商用データベースをAWSへ移行しよう ~ Amazon Auroraの特徴、メリットと、DBマイグレーションのポイント ~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter