Terraform(テラフォーム)とは、インフラストラクチャ用プロビジョニングツールです。コードからインフラの構築/変更/バージョン管理を行えます。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Terraformとは

Terraform(テラフォーム)とは、インフラストラクチャ用プロビジョニングツールです。コードからインフラの構築/変更/バージョン管理を行えます。

基本情報

概要

Terraform(テラフォーム)とは、インフラストラクチャ用プロビジョニングツールです。コードからインフラの構築/変更/バージョン管理を行えます。

基本説明

Terraformは、インフラ状態をコードで管理するためのコマンドラインツールです。クラウド用仮想マシン(リソース)を管理します。管理台数が増えるほど効果を発揮します。

構成管理ツール「Chef」「Puppet」などと組み合わせて利用できます。

経緯

Terraformは、「Vagrant」「Packer」なども開発するHashicorp社によるオープンソースプロダクトです。

TOPに戻る

主な特徴

インフラのコード化(Infrastructure as Code)

Terraformは、インフラを安全かつ効率的に管理するために、高レベル設定構文コードによってインフラの状態を定義します。

インフラ状態の管理効率化を図れます。
・バージョン管理
・コード比較
・共有
・再利用
・設定適用前チェック など

設定ファイル

設定ファイルには、「どこの環境なのか」「どのような仮想サーバスペックなのか」などのインフラ状態をコードとして記述しておきます。

使用言語

設定ファイル記述用として、JSON互換「HCL(HashiCorp Configuration Language)」言語を使用します。

管理対象インフラ

Terraformが管理対象とする「インフラ」には、ローレベルからハイレベルなものまで含まれます。
・仮想マシン(インスタンス)
・ストレージ
・ネットワーク(CDN)
・ロードバランサー
・DNS
・データベース
・SaaS機能 など

実行計画

Terraformは計画ステップで、どのように処理が行われるかを定義した「実行計画」が作成されます。

「実行計画」を確認することにより、想定外の挙動を防止できます。

リソースグラフ(並列処理)

Terraformはコード定義が与えられると、リソース間関係を示すグラフを作成します。「依存関係」や「影響範囲算出」を把握できます。

「依存関係」の把握により、依存関係がないリソースに対して並列処理を実行できます。

変更適用の自動化

人間による最低限のコード指示で、Terraformがインフラに対して複雑な変更を適用します。

どのように変更を行なうかについては、Terraformが自動的に決定します。

プロビジョニング

複数プラットフォームに対して、統一的な手法でプロビジョニングが行えます。

対応プラットフォーム

「AWS」「Azure」「Google Cloud Platform」などを含めて、多くのプラットフォームに対応しています。
→Terraform →PROVIDERS

プラグイン機構で、未対応プラットフォームへの対応も行えます。

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Chef」「Puppet」など。

TOPに戻る

ライセンス情報

Terraformのライセンスは「Mozilla Public License Version 2.0」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

参考元サイト

・Terraform
・Qiita →Terraform と CI で実現するインフラのコード化と構築の自動化
・Qiita →Terraform入門 日本語訳
・Think IT →インフラの構成管理を自動化するTerraform入門
・さくらのナレッジ →Terraform v0.7が誘う「Infrastructure as Code」の世界
・さくらのナレッジ →Terraform for さくらのクラウド スタートガイド (第一回) ~インストールから基本操作 ~

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Terraform最新TOPICS

【講演資料を公開】8/29『OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法』(2017年09月28日 09:15)

2017年08月29日(火)14:00~16:15 国際ファッションセンター Room108 にて『OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法』と題したセミナーが開催されました。 当日は、猛暑の中、多くの熱心な方々がご来場くださいまして、お陰さまで大盛況のうちに終了することができました。 また、来...

Terraform最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter