fping(エフピン/エフピング)とは、「ターゲットホストが応答しているか?」を判断する機能を提供するソフトウェアです。pingと同様にICMPエコー要求を使用する「強化版pingプログラム」として、「複数ホストへのping実行」「ターゲットリストファイル指定」などの機能を利用できます。

オープンソースのネットワーク系ツール/fpingとは

fping(エフピン/エフピング)とは、「ターゲットホストが応答しているか?」を判断する機能を提供するソフトウェアです。pingと同様にICMPエコー要求を使用する「強化版pingプログラム」として、「複数ホストへのping実行」「ターゲットリストファイル指定」などの機能を利用できます。

概要

fping(エフピン/エフピング)とは、「ターゲットホストが応答しているか?」を判断する機能を提供するソフトウェアです。

pingと同様にICMPエコー要求を使用する「強化版pingプログラム」として、「複数ホストへのping実行」「ターゲットリストファイル指定」などの機能を利用できます。

経緯

fpingは、1992年に最初のバージョンがリリースされ、それ以降、標準ツールとしての地位を確立しています。

【参考】pingとは

■概要

pingは、「ネットワークデータパケットがエラーなしでターゲットホストに到達できるか?」を検証するために使用される「ターミナル/シェルコマンドユーティリティ」です。

1983年に初リリースされた歴史のあるユーティリティツールであり、「Windows」「macOS」「Linux」などのほとんどのオペレーティングシステムにプリインストールされています。

■ユースケース

・ネットワーク接続のテスト---「ローカルネットワーク」「インターネット」
・ネットワークエラーチェック
・ネットワークインターフェイスカードのトラブルシューティング
・DNS名解決の問題をテスト など

■ICMPエコー要求

ターゲットホスト(別のコンピューターやデバイス)にpingを実行すると、pingコマンドは「ICMP」(Internet Control Message Protocol)エコー要求を送信してテストし、応答を待ちます。

返信があれば成功表示され、そうでない場合はエラー表示されます。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→fping.org

■GitHub

→github.com →schweikert/fping

■ライセンス情報

fpingのライセンス詳細については、こちらを参照ください。
→github.com →schweikert/fping →COPYING

■ダウンロード

→fping.org →dist

fping最新TOPICS

最新情報はありません。

fping最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

運用確認用テストセミナー

暗号通貨 NEM 共同創業者が仕掛ける、スマートコントラクト基盤「TomoChain」とは?

人材不足を克服しビジネスを拡大させた、住宅メーカーの事例 ~ベトナム人材の活用(オフショア開発/採用支援/現地法人設立)~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter