Go言語(ゴー言語)とは、Googleによって開発されたオープンソースのプログラミング言語です。シンプルで効率的なコーディングを行えるように設計されています。

オープンソースの言語/Go言語とは

Go言語(ゴー言語)とは、Googleによって開発されたオープンソースのプログラミング言語です。シンプルで効率的なコーディングを行えるように設計されています。

■関連する比較ページ

「Go言語」基本情報

■概要

Go言語(ゴー言語)とは、Googleによって開発されたオープンソースのプログラミング言語です。シンプルで効率的なコーディングを行えるように設計されています。

■基本説明

Go言語は、プログラマーの生産性を向上させるオープンソースのプログラミング言語です。

Go言語はシンプルかつ効率的な言語です。特に、簡単に並列処理を簡単に記述できる特徴があり、ネットワーク化されたマシンを最大限に活用するプログラムを作成できます。

■動作環境

公式バイナリディストリビューションとして「Microsoft Windows」「Apple macOS」「Linux」向けに提供されています。

オペレーティングシステムとアーキテクチャの組み合わせでバイナリディストリビューションが利用できない場合は、「ソースからインストール」などを行い利用できる場合もあります。

→The Go Programming Language →Getting Started

■経緯

Go言語の略歴

・2006年頃、開発スタート---Googleの内部プロジェクトとして、Robert Griesemer氏、Rob Pike氏、Ken Thompson氏らによるもの
・2009年、オープンソースプロジェクトとしてリリース
・2012年、バージョン1がリリース

影響を受けたプログラミング言語

Go言語は以下の言語から影響を受けていますが、全面的に新しい言語として開発されています。
・C言語
・Pascal
・Modula
・Oberonファミリー
・Newsqueak
・Limbo
・Python など

開発コンセプト

Go言語の開発コンセプトは、「プログラマーがどのようにプログラミングするか?」「効果的/効率的なプログラミング」などをベースとして、「プログラミングは楽しくあるべき」という発想に基づいています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→The Go Programming Language

ライセンス情報

Go言語のライセンスは「BSDライセンス」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→The Go Programming Language →Text file LICENSE

ダウンロード

→The Go Programming Language →Downloads

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「C++」「Java」「C#」など。

Go言語最新TOPICS

【OSS】Google製オープンソースシステムプログラミング言語「Go言語」(2019年02月04日 10:21)

Googleが開発したオープンソースプログラミング言語「Go言語」について紹介。 Go言語とは Go言語(Golang)は、2009年にGoogleで作成されたオープンソースプログラミング言語。 「表現力豊かな型システム」「高速コンパイル機能」「優れたパフォーマンス」「並行処理を単純化する組み込...

Go言語最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~無償版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~

常駐から始める、ベトナムオフショア開発(オフショア開発のリスクと対策)

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter