Ansible(アンシブル)。多数の構築管理対象に対して、アプリーケーション/システムのデプロイ作業を容易にする構成管理ツールです。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Ansibleとは

Ansible(アンシブル)。多数の構築管理対象に対して、アプリーケーション/システムのデプロイ作業を容易にする構成管理ツールです。

基本情報

概要

Ansible(アンシブル)とは、多数の構築管理対象に対して、アプリーケーション/システムのデプロイ作業を容易にする構成管理ツールです。

構成管理ツールとは

構成管理ツールとは、あらかじめ用意しておいた設定ファイルに従って、ソフトウェアインストール/設定ファイル修正、サービス起動/停止、ネットワーク設定といったサーバの各種設定を自動的に実行するソフトウェアです。

構成管理ツールのメリット
1.手動オペレーションによるタイムロスの削減
2.メンテナンス時のオペレーションミス発生可能性を低減
3.作業手順書に反映されていないことによる作業漏れの撲滅
4.直接ログインする機会を最小限にすることによるセキュリティの向上

Ansibleの他に、代表的なものとしては、「Chef」や「Puppet」などがあります。

基本説明

Ansibleは、設定ファイルがシンプルで、管理対象サーバに特別なエージェントソフトウェアをインストールすることなく利用できるなど、最小限の手間で各種設定を自動化できるのが特徴です。

「Puppet」や「Chef」などの代わりに置き換えを検討できる機能を有しています。

Ansible自体はPythonで記述されていますが、 YAML形式でタスクを定義するため、新たにプログラミング言語を習得する必要はありません。

Ansibleの3つの役割

Ansibleは、大きく分けて3つの役割が統合されています。
1.デプロイメントツール
2.オーケストレーションツール
3.構成管理ツール

経緯

Ansible社は、2015年に、RedHat社に買収されました。このことにより、「Red Hat Enterprise Linux」環境におけるアプリケーションデプロイ、ソフトウェアデリバリーの迅速化、OpenStackインストール自動化、コンテナ導入促進などの効果が期待されています。

TOPに戻る

主な特徴

Playbook(YAML形式設定ファイル)

Ansibleでは、YAML形式というシンプルフォーマットで設定ファイル(Playbook)を記述できます。YAML形式は、さまざまな製品でよく使われているため、記述方法の学習コストを少なくできます。

さまざまなモジュールを組み合わせて、「このサーバには、このモジュールをこのオプションで実行せよ」という命令書です。「同時実行が書きやすい」という特徴もあります。

冪等性(べきとうせい)

AnsibleのPlaybookでは、管理対象サーバに対して「何を実行するのか」ではなく、「どのような状態があるべき姿なのか」ということを記述します。そのため、同じ処理を何回実行しても同じ結果となります。この性質のことを冪等性といいます。

Ansibleには冪等性があり、「Fabric」や「Capistrano」などの構成管理ツールと比べた場合の優位性となります。Ansibleのリソースは「desired-state」モデルとして定義されます。

Ansibleは、目的とするサーバ状態を設定できなかった段階で実行が失敗となる「fail-fast」設計となっています。Ansibleの実行に成功した場合、宣言通りのサーバ状態がセットアップされているという保証になります。

エージェントレスアーキテクチャ

Ansibleの管理対象サーバに、エージェントソフトウェアのインストールは不要です。SSHによるリモートログインを行って各種操作を実行します。

管理対象サーバに必要なのは、「Python 2.4」以降がインストールされていることだけです。

Ansibleモジュール

Ansible自体が、直接管理対象サーバに具体的な操作を行うことはありません。さまざまな機能を持つモジュールを実行させることで、各種作業を実行します。

サービス起動/停止、ファイアウォール設定、AWS/Azure/OpenStackなどのクラウドインフラ制御などの、400種類を超えるさまざまなモジュールが存在します。

さまざまな言語(Bash/Pythonなど)でAnsibleモジュールを作成することも可能です。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Chef」「Puppet」「Fabric」「Capistrano」など。

TOPに戻る

導入事例

すでに、日本国内でも、大量仮想サーバ環境を持つ大手金融機関や大規模製造業を中心に、多くの企業が使い始めています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Ansibleのライセンスは、「GNU General Public License v3」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Ansible最新TOPICS

オープンソース活用研究所『第二回目「Ansibleの使い方と、そのベストプラクティス」』と題したコラムを掲載(2017年05月30日 09:15)

オープンソース活用研究所は、『第二回目「Ansibleの使い方と、そのベストプラクティス」』と題したコラムを掲載しています。 2017年3月、都内でTIS株式会社とレッドハット株式会社による共催セミナー「Ansibleを活用しインフラ構築を自動化(Infrastructure as Code)した、プロジェクト工期短縮事例 ~インフラエンジニアの働き方をSHIFTする~」が開催されました。Ans...

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter