FreeSWITCH(フリースイッチ)とは、オープンソーステレフォニープラットフォームです。バックツーバックのユーザーエージェントとして実装されたソフトウェア定義のテレコムスタックであり、あらゆるコモディティハードウェアで実行される多用途ソフトウェア実装によるデジタルトランスフォーメーションを可能にします。

オープンソースのIP-PBX/FreeSWITCHとは

FreeSWITCH(フリースイッチ)とは、オープンソーステレフォニープラットフォームです。バックツーバックのユーザーエージェントとして実装されたソフトウェア定義のテレコムスタックであり、あらゆるコモディティハードウェアで実行される多用途ソフトウェア実装によるデジタルトランスフォーメーションを可能にします。

■関連する比較ページ

概要

FreeSWITCH(フリースイッチ)とは、オープンソーステレフォニープラットフォームです。バックツーバックのユーザーエージェントとして実装されたソフトウェア定義のテレコムスタックであり、あらゆるコモディティハードウェアで実行される多用途ソフトウェア実装によるデジタルトランスフォーメーションを可能にします。

基本説明

FreeSWITCHは、すべての一般的な「VoIPプロトコル」と「PRIインターフェース」をサポートし、VoIP(IPネットワーク)およびPSTN(固定電話)からの「音声」「ビデオ」「テキスト通信」を処理できます。

FreeSWITCHを利用すると「Raspberry PI」から「マルチコアサーバ」まで、あらゆるデバイスの通信可能性を拡張できます。「拡張性」「柔軟性」「安定性」「スケーラビリティ」を目的としたモジュラーアーキテクチャにより大きな拡張性を有しています。

中核となるFreeSWITCHは、任意のデバイスのアプリケーションに埋め込むことができるライブラリです。より一般的には、サーババックグラウンドプロセスとして実行するように構築されています。

ユースケース

FreeSWITCHは、以下のようにさまざまなタスクを実行できます。

・PBX(オフィス電話システム)
・VoIP電話
・ソフトフォン
・クラス5ソフトスイッチ(電話キャリア)
・トランジットスイッチ
・TTS(テキスト読み上げ)変換
・アプリケーションサーバ---ボイスメール、ビデオ会議ホスト など

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→freeswitch.com

■GitHub

→github.com →signalwire/freeswitch

■主要開発元

FreeSWITCHは、SignalWireが中心となり開発が進められています。

→signalwire.com

■ライセンス情報

FreeSWITCHのライセンスは「MOZILLA PUBLIC LICENSE Version 1.1」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →signalwire/freeswitch →LICENSE

■インストール

→freeswitch.org →Installation

■導入事例

FreeSWITCHを使用している企業は世界中に5000以上あり、1日あたり3億人以上のエンドユーザーが利用しています。

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Asterisk」など。

FreeSWITCH最新TOPICS

最新情報はありません。

FreeSWITCH最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

今改めて考える、社内ネットワークからAWSへの接続方法 ~閉域接続サービスはどう選ぶべきか、AzureやOracleなどマルチクラウドの接続は?~

クラウド型コンタクトセンターサービス Amazon Connectとは ~在宅で、お客様向けの電話窓口を提供する~

加速するOracle Cloudの可能性 ~専用線接続によるセキュリティ、ネットワーク障害、遅延リスク障害、遅延リスクの解決法~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter