Linux Virtual Server(リナックスバーチャルサーバ)とは、LinuxOS上に仮想サーバを構築し、ロードバランサーを実行する「負荷分散サーバ」です。「高スケーラブル」「高可用性」などの特徴を持つ「Web」「キャッシュ」「メール」「FTP」「VoIP」などのネットワークサービスを構築できます。

オープンソースのクラスタリング/Linux Virtual Serverとは

Linux Virtual Server(リナックスバーチャルサーバ)とは、LinuxOS上に仮想サーバを構築し、ロードバランサーを実行する「負荷分散サーバ」です。「高スケーラブル」「高可用性」などの特徴を持つ「Web」「キャッシュ」「メール」「FTP」「VoIP」などのネットワークサービスを構築できます。

概要

Linux Virtual Server(リナックスバーチャルサーバ)とは、LinuxOS上に仮想サーバを構築し、ロードバランサーを実行する「負荷分散サーバ」です。「高スケーラブル」「高可用性」などの特徴を持つ「Web」「キャッシュ」「メール」「FTP」「VoIP」などのネットワークサービスを構築できます。

Linux Virtual Serverプロジェクトの目標

・クラスタリングテクノロジーを提供---「優れたスケーラビリティ」「信頼性」「保守性」
・Linuxサーバ上で稼働
・負荷分散サーバを構築---高性能かつ高可用性

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→linuxvirtualserver.org

■ライセンス情報

Linux Virtual Serverのライセンスは「GNU General Public License(GPL)」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→linuxvirtualserver.org [→What is this site about?]

■ダウンロード

→linuxvirtualserver.org →software

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Apache Traffic Server」「Squid」「HAProxy」など。

Linux Virtual Server最新TOPICS

最新情報はありません。

Linux Virtual Server最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

OSSライセンス・コンプライアンスと脆弱性管理の課題 OSSリスクを効率的にマネジメント。OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」の使い方

店舗・会議室・イベント会場の大型マルチモニタ/デジタルサイネージを、手軽に低コスト・低遅延で運用する方法 AV over IPによる映像配信&ビデオウォール活用方法解説

【企業ネットワーク向け】ローカルブレイクアウト、適用できないSaaSはありませんか?通信速度や運用に課題はありませんか? 〜LBOに最適なネットワーク機器や管理ツールによる解決策をご提案〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter