Apache Traffic Server(アパッチ トラフィック サーバ)とは、高性能HTTPキャッシュプロキシサーバです。静的Webコンテンツをキャッシュすることで、ネットワーク効率化とパフォーマンス改善を行います。

オープンソースのプロキシサーバ/Apache Traffic Serverとは

Apache Traffic Server(アパッチ トラフィック サーバ)とは、高性能HTTPキャッシュプロキシサーバです。静的Webコンテンツをキャッシュすることで、ネットワーク効率化とパフォーマンス改善を行います。

基本情報

概要

Apache Traffic Server(アパッチ トラフィック サーバ)とは、高性能HTTPキャッシュプロキシサーバです。静的Webコンテンツをキャッシュすることで、ネットワーク効率化とパフォーマンス改善を行います。

基本説明

Apache Traffic Serverは、「企業コンテンツ配信」「インターネットサービスプロバイダ(ISP)」「バックボーンプロバイダ」などが持つ、利用可能な帯域幅を最大化させることを目的に設計されています。

主に、C/C++で実装されています。

経緯

・もともとは、Inktomiが開発していた商用製品「Inktomi Traffic Server」がベース
・2003年、Yahoo! Inc.がInktomiを買収
・2009年、Yahoo! Inc.が「Traffic Server」をApache Incubator projectに寄贈→オープンソース化
・Apacheトップレベルプロジェクトとして開発が進められている

TOPに戻る

主な特徴

主な機能

・キャッシュ機能
・セッション管理
・ロードバランシング
・認証
・ルーティング
・リクエストフィルタリング

主なポイント

・キャッシュ(ストレージ)処理が高速
・HTTP/1.1準拠
・早期からHTTP/2に対応
・イベント駆動によるI/O多重化方式
・「ディスク+RAM」の効率的キャッシュシステム
・階層的キャッシュサーバ構築

「Apache HTTP Server」とは全くの別物

名称に「Apache」とありますが「Apache HTTP Server」とは全くの別物です。

HTTPプロキシキャッシュ

頻繁にアクセスされるWebオブジェクト(ドキュメント/画像など)のコピーを保管し、リクエスト元に送信します。

キャッシュストレージ

Apache Traffic Serverのキャッシュは、URLと関連するヘッダにより、キャッシュオブジェクトをインデックスする「オブジェクトストア」と呼ばれる高速なオブジェクトデータベースで構成されています。

RAM キャッシュ

頻繁にアクセスされるWebオブジェクトのために「RAMキャッシュ」を使用できます。

「Split DNS」機能

「Split DNS」は、Apache Traffic Serverが使用するDNSサーバを指定できる機能です。名前検索オーバヘッド軽減用「Host DB」機能が実装されています。

「RAW Disk」機能

未フォーマットディスクドライブ「RAW Disk」をキャッシュコンテンツ保存領域に指定できます。各種オーバヘッドを除いた状態で使用できるため、処理速度維持とキャッシュ領域容量確保が可能です。特に、高速デバイス(SSDなど)を利用すると効果が高まります。

「Internet Cache Protocol(ICP)」対応

Apache Traffic Serverは、「Internet Cache Protocol(ICP)」に対応しています。

ICPは、同一peerに所属しているノード間で、キャッシュ状況を共有し、ノード全体として効率良くキャッシュを保持する仕組みです。

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Squid」「nginx」「Varnish Cache」など。

TOPに戻る

導入事例

「Yahoo! Inc.」「LinkedIn」などで採用されています。

「Yahoo! JAPAN」でもHTTPアクセラレータとして活用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Apache Traffic Serverのライセンスは「Apache License Version 2.0」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Apache Traffic Server最新TOPICS

最新情報はありません。

Apache Traffic Server最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter