WireGuard(ワイヤーガード)とは、VPN(Virtual Private Network)ソリューションです。「Linuxカーネルツリーにマージ」「シンプル」「使いやすい」「数行のコードで簡単に実装」「ハイパフォーマンス」「学術研究をベースとして実装されている高いセキュリティ」などを特徴としています。

オープンソースのネットワーク系ツール/WireGuardとは

WireGuard(ワイヤーガード)とは、VPN(Virtual Private Network)ソリューションです。「Linuxカーネルツリーにマージ」「シンプル」「使いやすい」「数行のコードで簡単に実装」「ハイパフォーマンス」「学術研究をベースとして実装されている高いセキュリティ」などを特徴としています。

概要

WireGuard(ワイヤーガード)とは、VPN(Virtual Private Network)ソリューションです。「Linuxカーネルツリーにマージ」「シンプル」「使いやすい」「数行のコードで簡単に実装」「ハイパフォーマンス」「学術研究をベースとして実装されている高いセキュリティ」などを特徴としています。

基本説明

WireGuardは以下を目標として開発されています。
・暗号化プロトコル「IPsec」よりも「高速」「シンプル」「スリム」「使いやすい」
・オープンソースVPNソフトウェア「OpenVPN」よりも高いパフォーマンス
・リモートコンピュータ通信プロトコル「SSH」と同じくらい簡単に構成および展開できる

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→wireguard.com

■GitHub

→github.com →WireGuard

■ライセンス情報

WireGuardのライセンスは「GNU General Public License v2」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→wireguard.com [→#license]

■動作環境

WireGuardは汎用VPNとして設計されており、「Windows」「macOS」「BSD」「iOS」「Android」などをサポートしています。

■クイックスタート

→wireguard.com →quickstart

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「OpenVPN」など。

WireGuard最新TOPICS

最新情報はありません。

WireGuard最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

サーバOSのパッチ適用業務を自動化しませんか? 〜ハイブリッドクラウド環境での脆弱性対策を紹介〜

最新の脅威動向から考える、今「サイバー・レジリエンス」が必要な理由 ~「完全防御不可能」な時代、組織に求められるセキュリティ強化と自動化~

リモートワーク・人材の流動化に伴い、リスクが高まる”内部脅威”への対策 ~脅威の見える化と不正の抑止で大企業の有益な情報資産を守る~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter