BigQueryとは、Google Cloud Platformが提供するフルマネージドのエンタープライズ向けアナリティクスデータウェアハウスです。

Google Cloud Platform/BigQueryとは

BigQueryとは、Google Cloud Platformが提供するフルマネージドのエンタープライズ向けアナリティクスデータウェアハウスです。

「BigQuery」基本情報

■概要

BigQueryとは、Google Cloud Platformが提供するフルマネージドのエンタープライズ向けアナリティクスデータウェアハウスです。

基本データ

プラットフォーム Google Cloud Platform
クラウドサービス名 BigQuery
読み方 ビッグクエリ
略称 ---

基本説明

BigQueryは、パワフルなビッグデータアナリティクスプラットフォームです。ペタバイト規模のデータを低コストで格納して処理できます。

Googleインフラストラクチャの処理能力を活用してSQLクエリを高速で実行できます。1PB(ペタバイト)クラスの膨大なデータに対して、集計/分析処理を極めて高速に実行できます。

TOPに戻る

■主な特徴

カラム指向データ構造

BigQueryは内部的に「カラム指向データ構造」になっています。レコードを分解しカラムごとに格納します。

カラム指向データ構造には次のようなメリットがあります。
・圧縮効率が高まる(同様な性質のデータをまとめることができる)
・データアクセスが最小限(クエリに対し必要なカラムにのみアクセス)

高速処理

BigQueryでは「テラバイト級のデータなら数秒」「ペタバイト級のデータであれば数分」でスキャンできます。

「Google Cloud Storage」「Google Cloud Datastore」からBigQueryへ毎秒10万行のデータストリーミングを行い、データのリアルタイム分析も可能です。

セキュア/可用性

BigQueryでは、データの「セキュリティ」「可用性」「耐久性」を維持するため、データの暗号化と複製が自動的に行われます。

複数の地域をまたいで透過的に複製されるため、データアクセスも維持されます。

データアクセス権設定

「Google Cloud Identity & Access Management」を使用して、役割ベースACL管理を行うことで、データ保護を強化できます。

他サービスとの統合

多くのデベロッパー/サービスがBigQueryとの統合機能を開発しており、「データ読み込み」「分析処理」「インタラクティブな可視化」が容易に行えるようになっています。

パートナーとして多数の企業が参加しています。
・Informatica
・Looker
・Qlik
・SnapLogic
・Tableau
・Talend
・Googleアナリティクス など

BigQueryデータの読み書きには、「SQLクエリ」「Cloud Dataflow」「Spark」「Hadoop」などを利用できます。

データ移動サービス「BigQuery Data Transfer Service」

「BigQuery Data Transfer Service」を利用すると、SaaSアプリケーションからBigQueryへのデータ移動を自動化できます。

TOPに戻る

■同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「Amazon Redshift」、Azure「SQL Data Warehouse」など

TOPに戻る

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→Google Cloud Platform →BigQuery

料金情報
→Google Cloud Platform →BigQuery →料金

TOPに戻る

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

BigQuery最新TOPICS

最新情報はありません。

BigQuery最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter