Nginx(エンジンエックス)。処理性能・並行処理・メモリ使用量削減にフォーカスして開発され、高い処理能力などの理由により大規模サイトを中心に急速にシェアを拡大している、軽快なオープンソースWebサーバ/リバースプロキシです。

オープンソースのWebサーバ/Nginxとは

Nginx(エンジンエックス)。処理性能・並行処理・メモリ使用量削減にフォーカスして開発され、高い処理能力などの理由により大規模サイトを中心に急速にシェアを拡大している、軽快なオープンソースWebサーバ/リバースプロキシです。

基本情報

概要

Nginx(エンジンエックス)とは、処理性能・並行処理・メモリ使用量削減にフォーカスして開発され、高い処理能力などの理由により大規模サイトを中心に急速にシェアを拡大している、軽快なオープンソースWebサーバ/リバースプロキシです。

Nginxは、軽量、高性能、HTTP関連機能以外にも多くの機能を備えていて、マルチプラットフォームに対応しています。設定の容易さなどもあり「Apache HTTP Server」を代替できるWebサーバとして注目されています。1日に数億リクエストを処理するような大規模サイトを中心に導入されています。

HTMLドキュメントや画像ファイルのような静的コンテンツを高速で配信する能力は、「Apache HTTP Server」より優れています。

並列処理を重視した設計で、同時アクセス数が増えても安定的に動作します。

リバースプロキシやロードバランサーの機能も有しています。キャッシュ付きのリバースプロキシ機能によって、メインサーバの代理としてコンテンツの送信を行い負荷を分散することができます。「APサーバーを、アプリケーションを実行するという本来の役割に専念できるようにする」という思想です。

多くの機能がモジュール化されており、不要な機能を外して軽量化したり、公開されているモジュールを取り込んで機能を強化したり、独自の機能を実装したモジュールを開発して追加することができます。

【C10K問題】
Nginxは、「C10K問題」を解決するために開発されました。「C」は「Client(クライアント)」、「10K」は「1万台」を意味します。ハードウェアやネットワーク性能に問題がなくても、同時クライアント接続数がある一定数を超えるとサーバがパンクしてしまう問題です。
「Apache HTTP Server」は、1つのリクエストを処理するごとにリソースが枯渇していく仕組みです。
一方、Nginxは、非同期のイベント駆動アーキテクチャを採用して対応しています。開発者は、「同時接続数がApacheの10~100倍に増えた」としています。

TOPに戻る

主な特徴

【リバースプロキシ機能/ロードバランサー機能】
Nginxが注目されている理由の1つに、リバースプロキシとして動作できる点が挙げられます。
フロントにNginxを配置し、バックエンドにアプリケーションサーバを複数台配置して、Nginxにバランシングさせれば「ロードバランサー」として機能させることも可能です。HTTPキャッシュ機能もあります。その上、HTTPやHTTPS以外にも、SMTP、IMAP、POP3といったプロトコルのバランシングも可能です。
HTTPSのSSL/TLSにも対応しているため、HTTPSに対応していないアプリケーションサーバーの替わりにHTTPSリクエストを終端させる「SSL/TLSアクセラレーター」としても使用できます。HTTPの次世代版として注目を集めている「SPDY」にも早速対応しています。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

商用製品:Microsoft「Internet Information Services」など。

オープンソース製品:「Apache HTTP Server」など。

TOPに戻る

導入事例

Nginxは、アクセス数が多いサイトで急激にシェアを拡大していて、上位1000トップシェアのカテゴリでは、Apacheを上回っているというデータもあります。

TOPに戻る

ライセンス情報

Nginxのライセンスは、「BSD-likeライセンス」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Nginx最新TOPICS

【講演資料を公開】4/19「米国におけるオープンソース最新活用状況」(2017年05月19日 09:15)

2017年04月19日(水)14:30~16:30 中央区のJJK会館2階多目的ホールA にて「米国におけるオープンソース最新活用状況」と題したセミナーが開催されました。 当日は、オープンソースに関心をお持ちの方々がご来場くださり、お陰様で盛況のうちに終了することができました。皆さま熱心に公聴され、メモを執る姿も多く見受けられましたました。 また、来場者アンケートでは多くのコメントを頂戴しまし...

Nginx最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter