Mackerelとは、エージェント常駐型のSaaS型サーバ監視サービスです。「ロール」概念を用いて、ホストの運用/管理を容易に行えます。

クラウドサービス/Mackerelとは

Mackerelとは、エージェント常駐型のSaaS型サーバ監視サービスです。「ロール」概念を用いて、ホストの運用/管理を容易に行えます。

「Mackerel」基本情報

概要

Mackerelとは、エージェント常駐型のSaaS型サーバ監視サービスです。「ロール」概念を用いて、ホストの運用/管理を容易に行えます。

基本データ

プラットフォーム クラウドサービス
クラウドサービス名 Mackerel
読み方 マカレル
略称 ---

基本説明

Mackerelを導入すると、サーバにログインせずにウェブ上からのサーバ監視が可能になります。API経由で複数ホストをリアルタイムで監視し、さまざまな側面からホスト/アプリケーションの状況を可視化できます。

「使いやすいUI」「効率的なAPI」「統合監視」などの特徴により、より自動化されたインフラ運用をサポートします。

経緯

Mackerelは「株式会社はてな」が提供するサービスです。

2014年にサービス提供が開始されました。

TOPに戻る

主な特徴

エージェントをインストールするだけの簡単導入監視

Mackerelは、監視対象となる(クラウド/オンプレミス)サーバに「mackerel-agent」をインストールするだけで導入完了となり、簡単にサーバ監視を始められます。

監視サーバの構築/運用は不要で、複数サーバの一元管理を行えます。

構成管理ツール「Itamae」などを利用すると、「Railsシステム」でも「Cakeシステム」でも、エージェント導入の自動化を行えます。

監視メトリクス(エージェントプラグイン)

「mackarel-agent」が監視可能なメトリクスは、次のような値です。

  • loadavg
  • cpu
  • memory
  • disk
  • interface
  • filesystem

その他のメトリクス監視が必要な場合は、豊富に用意されているプラグインを導入することで、「Apache」「nginx」などの監視も行えます。

「ロール」ベース管理

Mackerelでは、「ロール」ベースでの監視を行います。

「ロール」とは「監視単位」のことで、監視対象となるアプリ/DBなどをグループ化した単位での監視を行えます。

グラフ化機能(共有機能)

エージェントが取得したデータについて、グラフ表示による可視化が可能です。

また、作成したグラフをダッシュボードやサイトページに埋め込むことで、さまざまなページに配置し、情報共有を行えます。

アラートと通知

監視ルールを作成し、発生したアラートについて、さまざまなツールに通知を行えます。

監視ルールには「Warning」と「Critical」の2種類の閾値が設定でき、リソース状況があらかじめ設定された閾値を超えると、Mackerelがアラートを発生させます。

通知先として、ワークフローにあわせて、さまざまな通知先を選べます。「メール」「Slack」「ChatWork」「任意のURLへのWebhook」など柔軟な通知が可能です。

「AWS」インテグレーション

AWSの各種サービスに対する監視も可能です。サービス/ロール/ホストの概念を用いて、複雑なサービス環境も全体を俯瞰したシンプルな管理を行えます。

「Azure」インテグレーション

AWSと同様に、「Microsoft Azure」に対応した「Azureインテグレーション」の提供も開始されています。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

Datadog」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→mackerel(エンジニアをワクワクさせる直感的サーバー監視サービス)

料金情報
→mackerel →料金

導入事例
→mackerel →導入事例

TOPに戻る

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Mackerel最新TOPICS

最新情報はありません。

Mackerel最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter