Bino(ビーノ)とは、「3Dビデオ」と「マルチディスプレイ出力」をサポートするビデオプレーヤーです。マルチプロジェクターセットアップなどに対応でき、「スクリプト機能」「高精度カラー入出力の自動サポート」「2台のカメラデバイスの同時使用」などの高度な機能も搭載しています。

オープンソースのBinoとは

Bino(ビーノ)とは、「3Dビデオ」と「マルチディスプレイ出力」をサポートするビデオプレーヤーです。マルチプロジェクターセットアップなどに対応でき、「スクリプト機能」「高精度カラー入出力の自動サポート」「2台のカメラデバイスの同時使用」などの高度な機能も搭載しています。

概要

Bino(ビーノ)とは、「3Dビデオ」と「マルチディスプレイ出力」をサポートするビデオプレーヤーです。

基本説明

Binoは、適切なCPUとグラフィックスパワーを備えたコンピュータでほとんどのビデオファイルを再生できます。

マルチプロジェクターセットアップなど、分散マルチディスプレイ表示をサポートしています。

また、「スクリプト機能」「高精度カラー入出力の自動サポート」「2台のカメラデバイスの同時使用」などの高度な機能も搭載しています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→bino3d.org

■ライセンス情報

Binoのライセンスは「the GNU GPL version 3 or later」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Bino

■動作環境

Binoは「Linux」「FreeBSD」「Mac OS X」「Windows」などで動作します。

■ダウンロード

→Bino →Releases

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「VLC media player」「Kodi」など。

Bino最新TOPICS

最新情報はありません。

Bino最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

脱下請けにも有効、オープンソース・ビジネス解説(ビジネスモデルと事例)<OSSNews広告枠プレゼント特典付き>

暗号通貨 NEM 共同創業者が仕掛ける、スマートコントラクト基盤「TomoChain」とは?

ひとり情シス(兼任情シス)の実態と、Google提唱の「SRE」による問題解決

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter