OpenDJ(オープンディージェー)。OpenAMに内蔵されており、先進的なレプリケーションアーキテクチャや「REST API」を搭載したLDAP準拠の高機能オープンソースディレクトリサーバです。

オープンソースの認証サーバ/OpenDJとは

OpenDJ(オープンディージェー)。OpenAMに内蔵されており、先進的なレプリケーションアーキテクチャや「REST API」を搭載したLDAP準拠の高機能オープンソースディレクトリサーバです。

基本情報

概要

OpenDJ(オープンディージェー)とは、OpenAMに内蔵されており、先進的なレプリケーションアーキテクチャや「REST API」を搭載したLDAP準拠の高機能オープンソースディレクトリサーバです。

【ディレクトリサービスとは】
ネットワーク上に存在するさまざまな資源や情報(ユーザ名やマシン名)などをディレクトリというデータベースを用いて一元的に管理するためのサービスです。LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)という標準プロトコルを使用するため、「LDAPサービス」とも呼ばれます。
同様なサービスとしてMicrosoftの「Active Directory」があります。
Windows、Linux、UNIXなどのOSが混在するシステム環境での一元的なディレクトリ管理機能を提供します。

【OpenAMとOpenDJの関係】
シングルサインオンを実現するOpenAMと同じように、ForgeRock社が提供しているOSSの1つで、OpenAMに内蔵されています。OpenAMエージェントがセットされたアプリケーションサーバを起動すると、OpenAMのサービスと共にOpenDJも起動して、ディレクトリサービスを利用できるようになります。
OpenAM+OpenDJの組み合わせは、サーバ間やシステム間での認証連携、ユーザ情報一元管理、シングルサインオンを実現する共通基盤として注目されています。
OpenDJ単体としても利用できます。
OpenAMの解説については、こちらを参照してください。
→OSSNews OSS情報「OpenAM」

【OpenDJの歴史】
旧SunMicrosystemsによって開発された「OpenDS」を引き継ぐ形で、2010年に、ノルウェーのForgeRock社により新プロジェクトとして発表されたものです。

【OpenDJについて】
OpenDJ(Open Source Directory Services in Java)は、100%Javaで開発されているディレクトリサーバです。
OpenDJは、性能や品質の安定性、マルチプロトコルアクセス、クロスドメインレプリケーション、マルチマスターレプリケーションなど、商用製品と同等の機能を搭載しています。

TOPに戻る

主な特徴

【高性能】
少ないシステムリソースでディレクトリサービスを提供できるよう設計されており、レスポンスに優れています。

【高機能】
ディレクトリサービス以外にも、マルチマスタレプリケーション機能、パスワードポリシー設定、サーバ監視機能など豊富な機能を備えています。

【使いやすい】
OpenDJは多くのOSにインストールでき、その作業は非常に簡単です。Windowsインストーラー、rpm、debパッケージなども提供されています。
また、洗練されたGUIのクライアント管理ツールも充実しています。

【高い安定性と互換性】
リリース版は検証済みであるため、動作が安定しています。
LDAPv3準拠であるため、「Active Directory」などの商用ディレクトリサーバとの互換性があります。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

商用製品:「Active Directory」など。

オープンソース製品:「OpenLDAP」など。

TOPに戻る

導入事例

OpenDJは、OpenAMと一緒に利用されることが多く、単体としてでもさまざまな領域で幅広く利用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

OpenDJのライセンスは、「Common Development and Distribution License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

OpenDJ最新TOPICS

最新情報はありません。

OpenDJ最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter