FreeRTOS(フリーRTOS)とは、マイクロコントローラ用リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS:Real Time Operating System)です。Amazon Web Servicesの管理下にあるMITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてリリースされています。

オープンソースのOS/FreeRTOSとは

FreeRTOS(フリーRTOS)とは、マイクロコントローラ用リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS:Real Time Operating System)です。Amazon Web Servicesの管理下にあるMITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてリリースされています。

概要

FreeRTOS(フリーRTOS)とは、マイクロコントローラ用リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS:Real Time Operating System)です。Amazon Web Servicesの管理下にあるMITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてリリースされています。

基本説明

FreeRTOSは、マイクロコントローラーおよび小型マイクロプロセッサー向けの市場をリードするリアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)です。

「カーネル」と「IoTライブラリセット」が含まれており、15年間以上にわたって世界をリードするチップ企業と共同で開発されています。

信頼性と使いやすさに重点を置いて構築されており、170秒の1回のペースでダウンロードされています。

「RTOS」とは

■一般的OSの場合

多くの一般的なOSはマルチタスクと呼ばれ、複数プログラムを同時に実行できます。

しかし実際には、各プロセッサコアは任意の時点で単一実行スレッドしか実行できないため、OSのスケジューラ機能が各プログラムをすばやく切り替えることによって同時実行の錯覚を提供しています。

■RTOSの場合

リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)のスケジューラ機能は、決定論的と呼ばれる予測可能な実行パターンを提供するように設計されています。

組み込みシステムにはリアルタイム要件が求められることが多いため、特に重要な要素となります。

リアルタイム要件とは「組み込みシステムが厳密に定義された時間内に特定のイベントに応答する」必要があることを指定する要件です。

リアルタイム要件を満たす保証は、OSのスケジューラ動作を予測できる場合にのみ行うことができます。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→freertos.org

■GitHub

→github.com →FreeRTOS/FreeRTOS

■ライセンス情報

FreeRTOSのライセンスは「MIT License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →FreeRTOS/FreeRTOS →LICENSE.md

■クイックスタート手順

→freertos.org →FreeRTOS Kernel Quick Start Guide

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Mbed」など。

FreeRTOS最新TOPICS

最新情報はありません。

FreeRTOS最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

アフターコロナの需要予測と外部データ活用マーケティング

今改めて考える、社内ネットワークからAWSへの接続方法 ~閉域接続サービスはどう選ぶべきか、AzureやOracleなどマルチクラウドの接続は?~

加速するOracle Cloudの可能性 ~専用線接続によるセキュリティ、ネットワーク障害、遅延リスク障害、遅延リスクの解決法~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter