PowerShell(パワーシェル)とは、Microsoft社が開発したシェル(スクリプト言語)です。拡張可能で高機能な運用管理機能を提供します。システム管理者やパワーユーザー向けに設計されており、システム管理でよく使われる処理を実行したり、スクリプト化して自動実行を行えます。

オープンソースのPowerShellとは

PowerShell(パワーシェル)とは、Microsoft社が開発したシェル(スクリプト言語)です。拡張可能で高機能な運用管理機能を提供します。システム管理者やパワーユーザー向けに設計されており、システム管理でよく使われる処理を実行したり、スクリプト化して自動実行を行えます。

■関連する比較ページ

「PowerShell」基本情報

■概要

PowerShell(パワーシェル)とは、Microsoft社が開発したシェル(スクリプト言語)です。拡張可能で高機能な運用管理機能を提供します。

■基本説明

PowerShellは、タスク自動化および構成管理フレームワークであり、コマンドラインシェルとそれに関連するスクリプト言語で構成されています。

システム管理者やパワーユーザー向けに設計されており、システム管理でよく使われる処理を実行したり、スクリプト化して自動実行を行えます。「.NET Framework」を基盤として動作します。

■経緯

・2003年:初期版発表
・2006年:初版リリース
・2016年:オープンソース化

■Windows環境用「Windows PowerShell」とオープンソース版「PowerShell」

Windows環境用「Windows PowerShell」

Windows環境では、コマンドプロンプトの進化版「Windows PowerShell」として、Windowsを管理するための新しいシェルとして開発されました。

コマンドプロンプトに関連するさまざまな問題を解決し、新しい機能を追加することによって、コマンドラインとスクリプト環境を改善するように設計されています。

Windows7以降には標準で搭載されており、Windowsサーバ群のデフォルトシェルになっています。

オープンソース化された「PowerShell」

Microsoftは、Windows用であった「Windows PowerShell」をオープンソース化したことにより、「Linux」や「macOS」でも動作するようになりました。

■Windows用コマンドラインシェルの変遷

①コマンドプロンプト(cmd.exe)

コマンドプロンプトは、MS-DOSやWindowsに搭載されていたコマンドラインツールです。

限定的な機能しか利用できないため、管理機能自動化に対応しきれない問題がありました。

②Windows Script Host (WSH)

Microsoftは、1998年、コマンドプロンプトの短所を補うものとして「Windows Script Host(WSH)」を提供しました。

「シェルに統合されていない」「ドキュメント不足」「セキュリティ上の欠陥」「システム上の脆弱性になりうる」などの問題があり、広く普及することはありませんでした。

③Windows PowerShell

Microsoftは、2003年、「Windowsや自社製品のシステム管理/自動化を行うための新世代シェル」および「スクリプトとして実行可能なプログラミング言語」として「Monad」(後のPowerShell)を発表しました。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Microsoft →PowerShell(PowerShell Documentation | Microsoft Docs)

ライセンス情報

PowerShellのライセンスは「MIT License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →PowerShell/LICENSE.txt

ダウンロード

→GitHub →PowerShell/PowerShell

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Bash」など。

PowerShell最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

コスト高となるSaaS利用の代替手段 ~情シス要員のいない中小企業が、業務アプリ開発を”ノーコード”で実現する~

業務システムの自社開発、システム間のデータ連携にコスト・時間がかかりすぎてしまう ローコード開発×ノーコード・データ連携の”あわせ技”で、内製開発の課題が消える

日本語が得意なオフショア開発会社でも、プロジェクトが失敗に終わってしまう理由 ~開発プロセス・品質の観点における、開発パートナーの選び方とベトナムオフショア開発の最新情報~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter