Pandora FMS(パンドラエフエムエス)。オープンソースの高機能統合監視ツールです。ネットワーク/コンピュータシステム/アプリケーション稼働状況などの監視を行います。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Pandora FMSとは

Pandora FMS(パンドラエフエムエス)。オープンソースの高機能統合監視ツールです。ネットワーク/コンピュータシステム/アプリケーション稼働状況などの監視を行います。

基本情報

概要

Pandora FMS(パンドラエフエムエス)とは、オープンソースの高機能統合監視ツールです。ネットワーク/コンピュータシステム/アプリケーション稼働状況などの監視を行います。

基本説明

Pandora FMSは、さまざまなシステム/ネットワーク/ハードウェア/OS/ソフトウェア/アプリケーションなどを監視するモニタリングツールです。

非常に多機能/高機能なツールです。システム障害発生時には、メール送信などの任意処理の自動実行ができます。

構成

「オープンソース版」と「エンタープライズ版」が存在します。

経緯

「Pandora FMS」の「FMS」は「Flexible Monitoring System」を意味しています。

2004年10月:初版リリース

TOPに戻る

主な特徴

監視

Pandora FMSのサービスレベル監視は、「異なる要素を1つのグループとして扱い、しきい値超過の蓄積に基づき、ある一定の誤差を許容する」という監視を行います。

SNMP監視、TCPポート監視、WMI監視(Windowsサーバ監視)など幅広い監視が可能です。エージェント監視/エージェントレス監視の両方に対応します。

ネットワークトポロジの自動検出

Pandora FMSは、定期的に新たなシステム(OS)を検出できます。ネットワーク上での他ノードとのリンクレベル関係についても認識/検出できます。

マルチプラットホームエージェント

各種OSなどの監視の他に、ハードウェアエージェントを使用すれば、各センサーの温度/湿度/煙/ガス/水量なども監視できます。

イベント管理

各種イベントに対して柔軟なアクション設定を行えます。

インシデント管理機能を標準搭載しており、イベント発生時に、メールアラート/任意コマンド実行などが可能です。

イベントに対して、オペレータ承諾/処理中ステータス設定/コメント記録などを行えます。

高可用性

全コンポーネントに対して冗長性を持たせることができます。複数のサーバやコンソールを立ち上げることができます。

データベースには、MySQLクラスタを利用できます。

自動更新

アップデートマネージャにより、コンソールから自動的にアップデートをダウンロードできます。

ログ収集

発生したあらゆる事象のログを収集します。ログ収集用/分析ソフトウエアは、デフォルトのものから置き換え可能です。

レポーティング

任意の監視項目に対して、HTML/PDF/XMLなどでのレポートを作成できます。グラフ/SLA/イベントなどのデータを追加できます。レポートは、1時間から6ヶ月の間の間隔を指定できます。

ユーザ管理

グループ/ユーザごとのアクセス制御が可能です。ユーザごとにモニタリング表示をカスタマイズできます。

Webコンソール

すべての操作をWebコンソールで実施可能です。モバイルデバイス(スマートフォン/タブレットなど)にも対応しています。

日本語対応

完全日本語対応しています。日本語版公式ドキュメントに関しても、新バージョンリリースとほぼ同時にリリースされています。

マップ連動

エージェントの位置を示すインタラクティブなマップを提供します。

外部連携

「REST API」による連携が可能です。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Zabbix」「Hinemos」「Hatohol」など。

TOPに戻る

導入事例

高機能性により、さまざまな領域で幅広く利用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Pandora FMSのライセンスは、「GNU General Public License v2」および「GNU Lesser General Public License v2」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Pandora FMS最新TOPICS

最新情報はありません。

Pandora FMS最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter