BIND(バインド)は、世界で最も多く利用されているDNSサーバです。

オープンソースのDNS/BINDとは

BIND(バインド)は、世界で最も多く利用されているDNSサーバです。

基本情報

概要

BIND(バインド)は、世界で最も多く利用されているDNSサーバです。

BINDは、「Barkley Internet Name Domain」の略称です。

DNS(Domain Name System) サーバとは、インターネットなどのネットワーク上で、「ドメイン名やホスト名」と「IPアドレス」の対応関係を管理するコンピュータやソフトウェアのことです。
例えば、「www.abcdef.jp」の場合、「www」がホスト名で、「abcdef.jp」がドメイン名となります。「www.abcdef.jp」は、人間に分かりやすいように文字化されていますが、ネットワークシステム的に、「242.107.28.541」のようなIPアドレスと呼ばれる数値列が必要となっています。
そこで、「www.abcdef.jp」のIPアドレスは「242.107.28.541」であることが分かるためのシステムが必要です。インターネットの根幹的システムとして、この両者の対応関係を管理するのが、「Domain Name System」であり、DNSサーバとなります。

DNS仕様のほぼすべての機能を実装しているため高機能ですが、設定が複雑であるため、導入やメンテナンスが難しいとされることもあります。

デファクトスタンダードとして広く普及していますが、逆にそのために、サイバー攻撃のターゲットになりがちで、セキュリティ脆弱性が発見されることが多く、その度に管理者がソフトウェアのアップデートを要求されるという面もあります。

BIND9は、BIND8からフルスクラッチで作り直されて、さまざまな機能強化が行われています。

TOPに戻る

主な機能

DNSコンテンツサーバ、キャッシュサーバの両方の機能を備えています。

TOPに戻る

主な特徴

・世界で最も普及しているDNSサーバです。

・DNS管理に必要な機能を網羅しています。

【攻撃耐性】
BIND9では、DoS攻撃などで、サービスがダウンする脆弱性が頻繁に見つかっていました。そこで、BIND10では、マスタープロセスが各機能のサービスを子プロセスとして管理しているため、子プロセスが死んでも、子プロセスを自動的に起動し直します。そのため、サービスを継続して提供することができます。

【オープンリゾルバの抑止】
オープンリゾルバとは、キャッシュサーバとして動作しているDNSサーバの中で、所属するネットワーク外からの名前解決の問い合わせも処理するような状態になっているものです。DNS amp攻撃、DNSキャッシュポイズニング攻撃などの踏み台として利用されてしまう危険が高く、問題となっているものです。
旧バージョンのBINDでは、設定ミスや設定漏れによって、オープンリゾルバになってしまっているサーバが多数ありました。
そのため、BIND10のフルサービスリゾルバは、デフォルトでは起動しないようになっていて、利用するためには明示的に設定を行う必要があるという安全を気遣った設計になっています。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

商用製品:「PowerDNS」など。

オープンソース製品:「NSD」、「KnotDNS」など。

TOPに戻る

導入事例

世界中で最も多く利用されているDNSサーバとして、中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな領域で幅広く利用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

LICENCEBINDは、「ISCライセンス」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

BIND最新TOPICS

【OSS脆弱性】DNSソフト「BIND 9」にDoS攻撃脆弱性---9月28日/10月21日に続き3回目(2016年11月04日 10:03)

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)など3団体は、11月2日、 DNSソフト「BIND 9」に、DoS攻撃脆弱性があったとして注意喚起を出した。 【BINDとは】 http://www.ossnews.jp/oss_info/bind 【ポイント】 ・9月28日/10月21日に続き3回目 ・バージョン「9.0.0」以降すべてのバージョンが影響...

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter