Docker(ドッカー)。オープンソースのコンテナ型仮想化ソフトウェアです。ソフトウェアコンテナ内のアプリケーションデプロイメントを自動化します。コンテナ管理の手軽さ/インスタンス操作(起動など)の高速性は、クラウドサービス/ビッグデータ基盤などを管理するためのIT基盤として高く評価されています。

オープンソースの仮想化ソフト/Dockerとは

Docker(ドッカー)。オープンソースのコンテナ型仮想化ソフトウェアです。ソフトウェアコンテナ内のアプリケーションデプロイメントを自動化します。コンテナ管理の手軽さ/インスタンス操作(起動など)の高速性は、クラウドサービス/ビッグデータ基盤などを管理するためのIT基盤として高く評価されています。

基本情報

概要

Docker(ドッカー)とは、オープンソースのコンテナ型仮想化ソフトウェアです。ソフトウェアコンテナ内のアプリケーションデプロイメントを自動化します。コンテナ管理の手軽さ/インスタンス操作(起動など)の高速性は、クラウドサービス/ビッグデータ基盤などを管理するためのIT基盤として高く評価されています。

「コンテナ型仮想化」とは

・Dockerは「コンテナ型仮想化」と呼ばれる仮想化技術を利用しています。
・1つのOSにコンテナといわれる「独立したサーバと同様の振る舞いをする区画」を複数作り、それを個別のユーザ/サービスに割り当てます。
・同じOS上に構築するため、すべてのコンテナは同じOSしか使えません。
・コンテナには、個別にCPU/メモリ/ストレージなどを割り当てる必要がないため、システムリソースのオーバーヘッドが少なくて済みます。そのため、同じ性能のハードウェアならば、より多くのコンテナを作ることができます。
・コンテナは高速起動できます。
・仮想マシンごとにOSを用意する必要がないのでディスクの使用量を節約できます。

基本説明

・Dockerは、性能面での劣化を極力排除したコンテナ技術を採用しています。
・アプリケーション/OSをパッケージイメージ化することにより極めて集約度の高いITシステムを実現することができます。
・API提供/既存成果物の入手/成果物アップロードなどで、効率よく成果物管理/リユースする仕組みがあります。
・そして、それらの一連の作業を自動化する仕組みも備わっています。
・クラウド基盤ソフトウェアに比べて、導入のハードルが比較的低く、簡単に試すことができます。
・多くの開発者やIT部門の管理者での利用が急激に広まっています。

Dockerの構成

一般的に「Docker」と呼ばれているコンテナ管理技術は「Docker Engine」が正式名称となっています。
「Docker Engine」に、アプリケーション開発/配布用Webサービス「Docker Hub」、API、サードパーティエコシステムなどを含めたプラットフォーム全体の総称が「Docker」となっています。

経緯

DotCloud社(現 Docker Inc.)が、開発者/IT部門をターゲットとしたアプリケーションやOSの開発/配備を行うための基盤ソフトウェアとして開発し、2013年にリリースしました。
このソフトウェアは、オープンソースソフトウェア「Docker」として公開され、その使い勝手の良さから、多くの開発者/IT部門の管理者で瞬く間に利用されていきました。

TOPに戻る

主な特徴

「Infrastructure as Code」(インフラのコード化)

Dockerはコンテナ構成を、すべて「Dockerfile」というテキストファイルに記述でき、その構成を自動生成することができます。「Infrastructure as Code(インフラのコード化)を実践するプラットフォームとして利用できます。

「Immutable Infrastructure」(不変のインフラ構成)

ITキーワードとして「Immutable Infrastructure(不変のインフラ構成)」というものがあります。アプリ実行環境を一度限りの使い捨てとして、環境を何度も作り直すことによって構成変更を行い、アプリの実行環境をより管理しやすくしていく考え方です。
Dockerのイメージ自体は起動されても更新は保存されません。明示的な保存(コミット)をしなければコンテナ破棄時に変更分が消えてしまいます。Dockerではこの仕様を、AUFSというファイルシステムを利用して実現しています。
Dockerには、「Immutable Infrastructure」を実現するために必要な機能がそろっているため、実際の環境に適用できます。

オープンソース

Dockerには、新しい独自技術は、ほとんど使われていません。コンテナ管理に必要となる既存のOSSを組み合わせて、コマンドライン/REST APIで効率良くコンテナ管理ができるようになっている点が、広く支持され、注目されている理由となっています。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:Google「Kubernetes」(Docker を始めとした仮想コンテナによるクラスタリングを行うためのサービス)など。

TOPに戻る

導入事例

Dockerは、コンテナ型仮想化ソフトウェアのデファクトスタンダードになる勢いで、中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな領域で幅広く利用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Dockerのライセンスは、「Apache License 2.0」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Docker最新TOPICS

【クラウド】Docker、商用プラットフォーム「Docker Enterprise Edition」提供開始---「コンテナオーケストレーション」+「アプリケーションスケーラビリティ」をクラウドで(2017年03月06日 11:03)

Dockerは、3月2日(米国時間)、 商用プラットフォーム「Docker Enterprise Edition」の提供を開始した。 【Dockerとは】 コンテナ型仮想化ソフトウェア https://www.ossnews.jp/oss_info/Docker 【「Docker Enterprise Edition」とは】 ・コンテナオーケストレーションとアプリケーションスケ...

Docker最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter