Graylog(グレイログ)とは、オープンソースのログ管理ソフトウェアです。さまざまなデータソースからデータを収集し、1つの中央ロケーションからデータ管理を行えます。

オープンソースのログ管理/Graylogとは

Graylog(グレイログ)とは、オープンソースのログ管理ソフトウェアです。さまざまなデータソースからデータを収集し、1つの中央ロケーションからデータ管理を行えます。

「Graylog」基本情報

■概要

Graylog(グレイログ)とは、オープンソースのログ管理ソフトウェアです。さまざまなデータソースからデータを収集し、1つの中央ロケーションからデータ管理を行えます。

■基本説明

Graylogは、さまざまな形式のログを集約し、Webインターフェースからログデータの可視化/分析/高速検索などを行えます。

■ユースケース

・アプリケーションコンポーネントの平均応答時間を取得
・過去24時間以内に最もログイン失敗したユーザーを検出
・1つのクエリですべてのサーバにおけるアプリケーションログを検出し、直近1時間の疑わしいユーザーIDの活動を調査
・ネットワーク内の誤って構成された単一のファイアウォールを検出
・特定のファイアウォールによってブロックされたすべてのIPアドレスを検索
・攻撃を検出したらファイアウォール内のIP範囲を自動的にブロック
・処理負荷のバランスを取るために新しいマシンを生成 など

主な特徴

■データ収集

Graylogは、任意のデータソースからさまざまログデータやイベントデータを収集できます。

多様なログ形式に柔軟に対応できるため、「歴史が長いソフトウェアのログ」から「最新アプリケーションのログ」まで収集できます。

■データ分析

Graylogは、ログデータを検索し、重要な情報を発見して分析する機能を提供します。強力な検索構文を使用して、欲しい情報を正確に検索できます。

■ビジュアライズダッシュボード

メトリックを視覚化し、1つの中央ロケーションで傾向を観察するためのダッシュボードを作成できます。「ログ件数」「検索結果ページのフィールド統計」「クイック値」「特定フィールド値の推移」「キーワード出現数」などを使用して、データをより深く分析するためのグラフやランキング表を作成できます。

チームメンバーは、シンプルなユーザーインターフェースにより、豊富な情報に簡単にアクセスして新しいチャートを追加できます。

■アラート/トリガー

Graylogは、指標を監視して、特定のタイミングでアクションをトリガーできます。

トリガーにより、メールなどの通知を送信できます。

■スケーラビリティ

Graylogは、水平拡張機能を備えているため、テラバイトクラスのデータに対応できます。

■認証連携

既存のLDAPユーザーディレクトリと統合できます。

■オーケストレーションプラットフォーム統合(REST API)

Graylog REST APIを使用することで、構成設定とログデータの両方を提供できます。

Graylogを「Chef/Puppetのような構成管理ツール」や「Elasticsearchのような全文検索エンジン」と統合させることによりオーケストレーションプラットフォームを構築できます。

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Fluentd」「Logstash」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Graylog(Graylog | Enterprise Log Management)

ライセンス情報

Graylogのライセンスは「GNU General Public License Ver3.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →Graylog2 / graylog2-server

ダウンロード

→Graylog →Download & Install

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Graylog最新TOPICS

最新情報はありません。

Graylog最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter