Amazon API Gatewayとは、AWSのマネージドAPI管理サービスです。APIについて作成/配布/保守/監視/保護などを行え、大規模APIにも対応できます。

Amazon Web Services/Amazon API Gatewayとは

Amazon API Gatewayとは、AWSのマネージドAPI管理サービスです。APIについて作成/配布/保守/監視/保護などを行え、大規模APIにも対応できます。

「Amazon API Gateway」基本情報

概要

Amazon API Gatewayとは、AWSのマネージドAPI管理サービスです。APIについて作成/配布/保守/監視/保護などを行え、大規模APIにも対応できます。

基本データ

プラットフォーム AWS
クラウドサービス名 Amazon API Gateway
読み方 アマゾン エーピーアイ ゲートウェイ
略称 ---

基本説明

Amazon API Gatewayを使用すると、「AWSサービス」「他社のWebサービス」「AWSクラウドデータ」などにアクセスするAPIを作成し、各種管理を行えます。

APIを作成することで、「モバイルアプリ」および「Webアプリケーション」のバックエンドサービスを提供できます。

「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)ワークロード」「AWS Lambdaコード」「任意のWebアプリケーション」などのデータやビジネスロジックにアクセス可能なAPIゲートウェイを作成できます。

TOPに戻る

主な特徴

主なメリット

Amazon API Gatewayを使用すると、次のようなメリットがあります。

  • 「APIバージョン管理」「API認証管理」「APIモニタリング」などの多くの作業について、ユーザーが操作を行う必要がない
  • バックエンドで「Lambda」を利用できるため、インフラ管理/運用が不要
  • API GatewayのRESTインタフェースを使用することで、開発工数の大幅削減が可能
  • アプリケーションで使用するさまざまな APIをひとつの形式に統一できる
  • 企業は大規模なエンタープライズアプリケーションをWebサービスに接続可能なラッパーで包むことができる
処理性能

Amazon API Gatewayでは、最大で数十万の同時API 呼び出しを受け付け、処理することが可能です。

トラフィックが想定外に激増した場合でも、バックエンドインフラストラクチャの負荷が過大にならないように「スロットリングルール」を設定することで、既存サービスを保護できます。

APIモニタリングダッシュボード

APIがデプロイされると、「Amazon CloudWatch」によってサービス呼び出しを視覚的にモニタリングできるダッシュボードを参照できます。

APIバージョン管理

バージョンが異なる同一APIを同時に実行できるため、新バージョンの迅速なリリースも可能です。

サーバレスAPI (Lambda連携)

Amazon API Gatewayは「AWS Lambda」と緊密に統合されているため、サーバレスAPIを作成できます。

アプリケーションからAWSサービスを呼び出す場合は、API GatewayのAPIメソッドを使用してLambda関数を呼び出すことができます。

低コスト

Amazon API Gatewayでは「受信したAPI呼び出し」と「送出したデータ量」に対してのみ利用料金が発生します。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

Azure「Azure API Management」、Google Cloud Platform「Google Cloud Endpoints」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→AWS →Amazon API Gateway

料金情報
→AWS →Amazon API Gateway →料金

TOPに戻る

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Amazon API Gateway最新TOPICS

最新情報はありません。

Amazon API Gateway最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter