Pacemaker(ペースメーカー)とは、高度でスケーラブルな高可用性クラスタリソースマネージャです。

オープンソースのクラスタリング/Pacemakerとは

Pacemaker(ペースメーカー)とは、高度でスケーラブルな高可用性クラスタリソースマネージャです。

「Pacemaker」基本情報

■概要

Pacemaker(ペースメーカー)とは、高度でスケーラブルな高可用性クラスタリソースマネージャです。

■「HAクラスタ」とは

HAクラスタとは

「HAクラスタ」とは高可用性を目的としたクラスタ構成を指し、「HA(High Availability)クラスタ構成」や「冗長化構成」と呼ばれます。

HAクラスタの最大の目的は、一部で障害が発生してもシステムを止めずにサービスを継続させることにあります。

基本的に、アクティブサーバ(1台)+スタンバイサーバ(1台以上)で構成され、アクティブサーバに障害が発生した場合に、その障害を即座に探知して、スタンバイサーバに処理を移行させてシステム全体のサービスを継続します。

HAクラスタに必要な機能

HAクラスタには、主に「リソース制御機能」と「クラスタ制御機能」の2つの機能が必要です。

「リソース制御機能」は、各種サービス(仮想IP、Apache、MySQLなど)をリソースとして扱い、「リソース動作監視」「リソース起動」「リソース停止」などを行います。またフェイルオーバー機能を持ちます。

「クラスタ制御機能」とは、ノード(サーバなど)の死活監視を行い、ノード間の通信/管理、システム全体処理に関連するHAクラスタの土台機能を提供します。

■基本説明

Pacemakerとは、高可用性(HA:High Availability)を実現するオープンソースのHAクラスタリングソフトウェアです。

小規模から大規模までのクラスタに対応できる「リソース制御機能」を提供します。

■主要開発元

PacemakerはClusterLabsによって配布されています。

https://clusterlabs.org/

■経緯

Pacemakerは、もともとLinux-HAプロジェクトが開発を行っていたHAクラスタリングソフトウェア「Heartbeat」の一部機能でした。

2007年に、他のクラスタソフトウェアとも協調して動作できるようにHeartbeatから切り離され、独自のプロジェクトとして分割されました。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→ClusterLabs →Pacemaker

ライセンス情報

Pacemakerのライセンスは「GNU General Public License(version 2 or later)」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →ClusterLabs/pacemaker →COPYING

ダウンロード

→GitHub →ClusterLabs/pacemaker

→GitHub →ClusterLabs/pacemaker →How to Install Pacemaker

→ClusterLabs →Quickstart

導入事例

Pacemakerは主要Linuxディストリビューションに同梱されています。

航空交通管制システムが常に利用可能であることを保証する「Deutsche Flugsicherung GmbH(DFS)」を含む多くの重要な環境に展開されています。

Pacemaker最新TOPICS

動かして理解するPacemaker~CRM設定編~その2(2013年10月20日 15:23)

■はじめに Linux-HA Japanをご覧の皆さんこんにちは。Linux-HA Japanの中の人、ひがしと申しますm(_ _)m 「動かして理解するPacemaker ~CRM設定編~ その2」ということで、前回の「その1」の続きです。 早速、前回記事に引き続き、CRM設定ファイルを解読していきましょう。   前回は、例の設定ファイルが制御している以下7項目のうち、上から2項目のから...

Pacemaker最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter