Corosync(コロシンク)。高可用性クラスタ構成の中でクラスタ通信層制御を担当するオープンソースクラスタ基盤ソフトです。「Heartbeat」の後継として、クラスタ通信フレームワークを提供し、クラスタ構成サーバ間でノードの死活監視を行います。

オープンソースのクラスタリング/Corosyncとは

Corosync(コロシンク)。高可用性クラスタ構成の中でクラスタ通信層制御を担当するオープンソースクラスタ基盤ソフトです。「Heartbeat」の後継として、クラスタ通信フレームワークを提供し、クラスタ構成サーバ間でノードの死活監視を行います。

基本情報

概要

Corosync(コロシンク)とは、高可用性クラスタ構成の中でクラスタ通信層制御を担当するオープンソースクラスタ基盤ソフトです。「Heartbeat」の後継として、クラスタ通信フレームワークを提供し、クラスタ構成サーバ間でノードの死活監視を行います。

基本説明

Corosyncは、さまざまなLinuxディストリビューションで動作し、Linuxにおける代表的クラスタ制御ソフトウェアであり、過去の実績面からも安心して利用できます。

Corosyncは、障害検知速度/スプリットブレイン回復動作などにより、高い可用性/信頼性があります。「Totem Single Ring Ordering and Membership」プロトコルを実装した高可用ソリューションです。

経緯

Corosyncは、RedHat社が支援し、高可用性の標準アプリケーションインターフェース仕様(AIS)を定めるOpenAISプロジェクトから、ソフトウェアの機能が分離され、派生したクラスタ制御ソフトウェアです。

「Pacemaker」との関係

「Corosync」はクラスタ通信層制御機能を持ちますが、リソース監視/制御機能を持っていません。そのため、リソース監視/制御機能「Pacemaker」と連携させて、クラスタシステムを構成します。

「Pacemaker」は、クラスタリソースマネージャーとも呼ばれ、各種リソース(仮想IP、Web、データベースなどのサービス) の動作状態について監視/制御を行います。

「Corosync」がノード死活監視を行い、ノードがダウンした場合には、「Pacemaker」でリソース制御(ノード切り離し、待機系ノードへのリソース引継ぎ)が実行されます。

「Corosync」と「Pacemaker」は、CentOS6のレポジトリに標準的に組み込まれています。

※「Pacemaker」については、こちらの情報を参照してください。
→OSSNews →OSS情報 →Pacemaker

「Heartbeat」との関係

「Heartbeat」とは、「Corosync」と同様なクラスタ通信層制御機能を持つオープンソース製品です。

「Corosync」と「Heartbeat」は排他的で、「Corosync+Pacemaker」あるいは「Heartbeat+Pacemaker」の組み合わせのどちらかを選択する必要があります。しかし、「Heartbeat」は、メンテナンスのみが行われる状態になってしまっており将来性が危ぶまれているため「Corosync+Pacemaker」が推奨されています。

「Corosync」が採用する「Totem Single Ring Ordering and Membership」プロトコルは、Heartbeatよりも効率的といわれています。

※「Heartbeat」については、こちらの情報を参照してください。
→OSSNews →OSS情報 →Heartbeat

TOPに戻る

主な特徴

安定性

初期バージョンは発展途上であり不安定でしたが、現行バージョンは安定しています。

多ノード対応

Corosyncは、ノード追加/削除時の動作が安定しており、起動時間も短いため、多ノード構成にも対応できます。

スプリッドブレイン対応

Corosyncは、スプリットブレイン回復時の動作が早く安定しています。

故障検知

故障検知速度も向上しています。

柔軟なクラスタ通信

Corosyncは、ユニキャスト通信(1対1)、マルチキャスト通信(1対N)、ブロードキャスト通信(1対不特定多数)、をサポートします。

企業向けサポート提供

ミッションクリティカルシステムで利用されるクラスタソフトウェアであるため、企業向けの導入支援サポートが提供されています。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

商用製品:「CLUSTERPRO」など。

オープンソース製品:「Heartbeat」など。

TOPに戻る

導入事例

さまざまな領域で幅広く利用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Corosyncのライセンスは、「新BSDライセンス」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Corosync最新TOPICS

最新情報はありません。

Corosync最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter