Corosync(コロシンク)とは、アプリケーション内に高可用性を実装するための追加機能を備えたグループ通信システムです。Corosync(Corosync Cluster Engine)は、高可用性クラスタ構成の中でクラスタ通信層制御を担当するオープンソースクラスタ基盤としてクラスタ通信フレームワークを提供し、クラスタ構成サーバ間でノードの死活監視を行います。

オープンソースのクラスタリング/Corosyncとは

Corosync(コロシンク)とは、アプリケーション内に高可用性を実装するための追加機能を備えたグループ通信システムです。Corosync(Corosync Cluster Engine)は、高可用性クラスタ構成の中でクラスタ通信層制御を担当するオープンソースクラスタ基盤としてクラスタ通信フレームワークを提供し、クラスタ構成サーバ間でノードの死活監視を行います。

概要

Corosync(コロシンク)とは、アプリケーション内に高可用性を実装するための追加機能を備えたグループ通信システムです。Corosync(Corosync Cluster Engine)は、高可用性クラスタ構成の中でクラスタ通信層制御を担当するオープンソースクラスタ基盤としてクラスタ通信フレームワークを提供し、クラスタ構成サーバ間でノードの死活監視を行います。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→corosync.github.io →corosync

■主要開発元

Corosyncは、Corosync開発コミュニティが中心となり開発が進められています。

開発コミュニティは「コミュニティ定義のオープンソースクラスターを開発、リリース、およびサポートすること」を目標としています。

■ライセンス情報

Corosyncのライセンスは「BSD license」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →corosync/corosync →LICENSE

■ダウンロード

→GitHub →corosync/corosync →Releases

■導入事例

Corosyncは以下のプロジェクトで高可用性フレームワークとして使用されています。

・高可用性リソースマネージャソフトウェア「Pacemaker」
・IP-PBXソフトウェア「Asterisk」 など

Corosync最新TOPICS

最新情報はありません。

Corosync最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

Microsoft Intune / Autopilotで解決するテレワーク時代のPC・スマホ管理 〜情シスご担当が押さえておくべき課題と対策~

テレワークにおける、Windowsリモートデスクトップの問題点

本格的なテレワーク環境構築で考える、ファイル共有の方法 ~オンラインストレージのリスクと、クラウド型ファイルサーバーという選択肢~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter