Kubernetes(クーベルネイテス)。Dockerコンテナ群管理フレームワークです。コンテナ群のデプロイ/オーケストレーション/クラスタリング管理/運用管理などの各機能を提供します。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Kubernetesとは

Kubernetes(クーベルネイテス)。Dockerコンテナ群管理フレームワークです。コンテナ群のデプロイ/オーケストレーション/クラスタリング管理/運用管理などの各機能を提供します。

基本情報

概要

Kubernetes(クーベルネイテス)とは、Dockerコンテナ群管理フレームワークです。コンテナ群のデプロイ/オーケストレーション/クラスタリング管理/運用管理などの各機能を提供します。

基本説明

Kubernetesは、Dockerコンテナ群に対する各種管理機能を提供します。Googleが中心となり開発されており、Go言語+シェルスクリプトで実装されています。

Dockerには、ネットワークルーティング/複数コンテナ連携/複数台サーバ横断的管理などの機能は提供されていません。Kubernetesは、それらの機能をサポートします。

デプロイメント/メンテナンス/スケーリング/ノード群スケジューリング/ワークロード動的管理/ユーザ定義状態の共有と管理/ロードバランサー/死活監視などの豊富な機能を備えています。

大規模クラスタ環境に対応可能です。また、小規模環境においても有用です。

経緯

「Kubernetes」は、ギリシャ語で「船の操縦手」「統括者・支配者」という意味があるとされています。「k8s」と略されます。

Google社内で開発/運用されているコンテナクラスタ管理システム「Borg」でのノウハウを結集して開発されました。

2014年6月:公開

2015年7月:バージョン1.0リリース

2015年7月:Linux Foundation傘下「Cloud Native Computing Foundation」に管理が委譲

AT&T、Cisco、CoreOS、Docker、IBM、Intel、Microsoft、Red Hat、VMwareなど、名だたる企業が開発に参加しています。

関連製品

・分散型設定共有サービス「etcd」
・仮想ネットワーク機構「Flannel」
・仮想ネットワーク機構「OpenVSwitch」
・コンテナリソース監視「cAdvisor」

TOPに戻る

主な特徴

Kubernetesの仕組み(1)「Pod」

1つ以上のDockerコンテナを協調動作する単位でまとめたものです。

Kubernetesの仕組み(2)「Master」

Kubernetesクラスタをコントロールするプロセス群です。

Kubernetesの仕組み(3)「Minion」

Dockerコンテナが配置/実行されるWorkerノードです。中では、Docker/Kubelet/Kubernetes Proxyなどが動いています。

Kubernetesの仕組み(4)「Label」

Podに複数のラベルを付けることができます。

Kubernetesの仕組み(5)「Replication Controllers」

Podのテンプレートから指定された数のレプリカを作成して維持する仕組みです。

Kubernetesの仕組み(6)「Service」

プロキシのような機能を提供します。Pod通信のエンドポイントを既定し、Pod間の通信を可能にします。ロードバランサーとしても機能します。

コンテナ操作機能

複数コンテナをPod単位でグルーピングし、配備/削除/起動/停止を行います。

フェイルオーバー機能

コンテナが異常終了したことを検知し再起動させます。

スケーリング機能

起動しているコンテナ数を増減させます。

スケジューリング機能

コンテナを任意のホストに割り振ります。

ロードバランス機能

複数コンテナにリクエストを振り分けて負荷分散を行います。

サービスディスカバリ機能

サービスへのルーティングを自動で提供します。

セキュリティ

「Kubernetes API」の実行に、ユーザ認証/TSL認証を持たせることが可能です。

動作環境

Google Cloud Platform(GCP)、ローカル環境、AWS、OpenStack、CloudStack、Microsoft Azure などの環境で動作します。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

商用製品:「Amazon EC2 Container Services」など。

TOPに戻る

導入事例

Box、eBay、Shippableなどの大手企業の本番環境で利用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Kubernetesのライセンスは「Apache License Version 2.0」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Kubernetes最新TOPICS

[限定50名を特別招待]NetAppがデジタルトランスフォーメーション時代のデータ管理戦略を語る(NetApp Innovation 2018 Tokyo)(2017年11月27日 12:05)

【ストレージ製品のトップベンダーであるNetAppがビジョンを語る大規模イベント】 ストレージ製品のトップベンダーであるNetpApp。 そのNetAppが企業におけるデジタルトランスフォーメーション時代のデータ管理のあるべき姿、ビジョンを語る、大規模なイベントが11月30日に開催されます。 マジセミでは特別に50名をご招待します。 https://majisemi.com/e...

Kubernetes最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter